日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > あなたが太りすぎまたは肥満である子がある場合は小児肥満と学校の役割についての課題を克服する

あなたが太りすぎまたは肥満である子がある場合は小児肥満と学校の役割についての課題を克服する

     編集:健康

は、問題がいかにイライラを知っています。事実は、私たちの努力が家にいるかに関係なく、我々はこの問題への外の要因が増えているに直面しているということです。一つの問題は、ほとんどの子供たちは学校ですべての一日を過ごすと、両親は、彼らが食べるものを制御する能力を持っていないということです。彼らの目覚めの生活のほとんどは学校で費やされる。あなたの子供が学校にいるとき、彼らはまた、座って、一日の大半を費やしています。これはあなたの子供が十分な運動を取得されないことを意味します。継続的な予算削減の結果として、多くの子どもたちは、もはや毎日体育がありません。子供たちに教育の需要が増加しており、これは凹部時間が縮小していることを意味した。多くの地元の地区は、週に1,2回に体育をカットしており、各セッションは通常、20分続きます。ほとんどの学校の食堂では一般的であり、小児肥満番号は成長を続けているという事実は、驚くことではありません貧しい食生活と身体活動の欠如を兼ね備えています。ほとんどの食堂の食べ物は、最小限の栄養価を持ち、悪い、精製された炭水化物が高い。 (サラダなど)可能です健康食品は、多くの子供たちがを選ぶことのようなものではなく、いくつかの食事は果物と野菜を含んでいても、それらを食べること、それはしばしばISNトンはクール。学校は予算状況や、学識経験者などの他の重要なニーズの下に何を彼らがすることができますしなければならない。事実は、それが問題を解決するために米国に最大であるということです。私たちは、学校で問題を解決することはできないかもしれませんが、学校の壁外ソリューションがあります。一つの大きな解決策は、子供のための夏の減量キャンプを使用している可能性があります。放課後プログラム、週末、あるいは夏休みの減量キャンプ含むフィットネスキャンプの多くの異なる種類があります。これらのプログラムのほとんどの目標は、どのように彼らの生活を健康に生きるために子供たちを教えることです。これらのプログラムで学んだ教訓は、成人期を通じてよく子供や十代の若者たちに仕えます人生の教訓にする必要があります。減量キャンプは多くの場合、完璧になることができますが、それは、親が家庭でどのような彼らがすることができます行うことも重要です。両親は彼らの子供たちに奉仕食品は健康であり、彼らが行使する彼らの子供のための機会を提供していることを確認する必要があります。長年に渡って悪い習慣を開発してきた子供たちは瞬時スイッチを作ることがありそうであるように励ましは、も重要です。私たちは、学校でに行くすべてを制御することはできないかもしれませんが、我々はあなたの子供が自分たちの生活を通して運ぶことが私たちの生活の中で変更を行うことができます。あなたの子供が成長し、フルタイムの仕事をして作業している場合、雇用主は、おそらくどちらかのPEを提供するTを獲得。自分たちの生活にどのような状況にかかわらず、運動と健康的な食事を組み込む方法をここでそれらを教える!検索
人気の図説
  • ヒトの健​​康への食品を盛り付けの影響

    アクティブ、忙しい人々はしばしば迅速な食事や軽食のために処理された、すぐに食べられる食品に向ける。一部プレパック食品は不健康ではないにもかかわらず、ABCニュースの記事によると、ほとんどは肥満、心臓病と全体貧しい健康に貢献成分を持っている。

  • シャワーの靴は何ですか?

    シャワーの靴は一般的にこれらの暖かく湿った環境で繁栄する任意の伝染性菌との接触を防ぐために、公衆浴場施設の異なる種類で着用されています。大学寮、体育館やキャンプにはシャワーの靴を身に着けている必要かを示唆している公共のシャワーが付いている場

  • 飽和脂肪の高い肉でOverindulging飽和脂肪

    でロー肉を選択する方法の重要な健康問題を引き起こす可能性があります。あまりにも飽和脂肪を食べること心臓病を発症する可能性を増大させる危険なコレステロールのレベルを上げることができます。飽和脂肪の少ない食品を選ぶことは、心臓病やその他の健康上

  • 健康的な食事を食べるとお金

    健康的な食事を食べ、維持を保存する方法は、品質のライフスタイルを生きるとベイで病気を維持したい場合に必要不可欠である - しかし、それは有機または専門店から食料品や製品を購入するために高価なことができます。これらのハードの金融時代に私たちの

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved