日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > 電子タバコマイクロテクノロジー人気発明

電子タバコマイクロテクノロジー人気発明

     編集:健康

毎日、簡単に年間1500ドル以上の費用がかかる可能性がタバコのパックを喫煙にします。あなたは禁煙を試みた場合は、おそらくちょうど約何を試してみました。パッチ、ガムと何かだけドンtは動作するようです。あなたやあなたが知っている誰かが前に喫煙を停止しようとしている場合は、それができるいかに難しいを知っています。マイクロ技術の最近の進歩は、それが唯一の毎年あなたに数百ドルを節約することができなかっただけでなく、あなたの命を救うことができるように革命的と喫煙者にとても便利な発明に許されている。本発明は、電子タバコ(や電気や電子タバコ)と呼ばれています。だから電子タバコは何ですか?電子タバコは、喫煙をシミュレートするために使用される装置である。それは、ユーザーに、彼らは禁煙ですが、電子タバコdoesnのtは、従来のタバコのタバコのような有害な化学物質の何千ものを含まれている感覚を与える。電子タバコはどのように作られています?電子タバコは3つの部分、バッテリー、アトマイザー、およびニコチンカートリッジが含まれています。彼らは定期的なタバコのタバコと同じようユーザが電子タバコの端に吸入するとき、それは噴霧器をアクティブにします。アトマイザーはその後ずっと小型霧機械のように、蒸気の形にニコチン溶液を加熱する。蒸気は、その後、タバコから普通の煙のようにユーザになる吸入される。シガレットは、致命的な毒は数千から構成されているのに対し、蒸気は、ニコチンおよびいくつかの他の要素から構成されている。ユーザが電子タバコに吸入すると、蒸気が彼らに定期的な煙の同じ感じを与えるが、がんを引き起こす毒の何千ものが含まれていません。ユーザーが蒸気を吐き出すとき、それは煙に非常に似て見えますが、非常に迅速に蒸発する。これが残ると、誰かが秒針の煙を取得する方法がない臭いを残さない。電子タバコは、タバコを含んでいないので、タバコが許可されていないアメリカ合衆国の特定の領域に禁止することができない。これは、彼らがもはやできなかった場所で彼らのニコチン修正を取得する責任を大人のために許可されています。それはバー、ナイトクラブ、さらには飛行機でのような場所で電子タバコを使用して見られるように人々のために、ますます一般的になってきている。電子タバコからパフの相当額の価格は定期的に煙から同じ量よりも75%未満であるため、あなたも、何百ドルも電子タバコを使用して年を保存することができます。あなたは平均して一日パックを吸う場合は、簡単に年間1,000ドル以上の節約することができます。だけでなく、あなたが好きな場所は、同時にたくさんのお金を節約することができ、あなたのニコチン修正を得ることができるようになります。がんのすべてが通常のタバコのエージェントを発生させずに喫煙をシミュレートするために、彼らのユニークな能力のために電子タバコはすぐに世界中で人気が高まっている。革新的な技術は、世界中で急速に広がっている。あなたが前に電子タバコを見たことがない場合は、チャンスは近い将来に、彼らはあなたが回すどこであろうということです。検索
人気の図説
  • 腎臓健康な腎臓は

    を食べるように食品はあなたの重要な臓器の残りの部分は、清潔で健康に保つ、血液からのあなたの体の毒素の多くをフィルタリング。腎臓が適切に自分の仕事を行うことができないときは、体の他の部分は、最終的には死の原因となる病気や感染症になりやすいです

  • 薬用植物今あなたの空気、水、食品で見つかったので、多くの化学物質、添加物や汚染物質で

    の肝臓保護活動は、それはあなたの肝臓の健康の世話をするために歴史の中で、これまで以上に重要である。肝臓は毎日私たちの体から化学物質の何千ものを解毒する責任があり、それが最適に機能することができない場合、毒素は私たちの組織に蓄積し始める。世界

  • レンズフレアを回避する方法

    レンズフレアは、光のサークルとして、あるいは光の露出線など写真に現れる光です。あなたの写真を照らすために太陽を使用すると、頻繁にくっきりと暖かい効果を作成します。しかし、太陽を撮影することで、あなたの写真にレンズフレアを作成する危険性があり

  • 何がいつげっぷの悪臭の原因は?

    みんなげっぷ。口から胃から排出する空気または他のガスをげっぷ。消化器系に問題があることを示すことができますげっぷの結果である悪臭臭い。彼らはまた、特定の食品が原因で発生することができる。食生活および/または任意の他の健康上の問題の観察悪臭げ

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved