日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > アーユルヴェーダドーシャを識別する方法を

アーユルヴェーダドーシャを識別する方法を

     編集:健康

ヴェーダドーシャは、アーユルヴェーダの実践の複雑さと歴史を知っている識別する方法を知っていることを得る。それは、世代と世代を通じ、数千年にわたって受け継がれてきた方法ですインドのネイティブの伝統的な医療行為である。文字通り生命の科学や知識と訳されているアーユルヴェーダは、産婦人科とpediatricsmなど8支店、に分類されており、現在、米国で人気を集めているインドでは、包括的なヘルスケア·システムであったされています。アーユルヴェーダドーシャや練習を象徴するシンプルな言葉でbilogical力は身体、心、精神とは総合的な調和を促進するために絡み合っていると人々は自分の体と健康を理解する方法に革命を起こしているという前提に基づいている。アーユルヴェーダは、本体からの精神と心を分離すると、ターンの原因疾患で、自然にこれらの3つのドーシャの再統合が癒しと健康に向けた最初のステップであると考えている物理的な不均衡を引き起こすことを教示している。病気は私たちの環境との調和の外に生活の結果であるという考え方に基づい、アーユルヴェーダの実践が発生不調和を伝える体の方法として、病気の身体的症状を見た。このような理解を念頭に置いて、癒しにアーユルヴェーダのアプローチは、このように健康のために最適な環境を作成し、幸福、自己と環境の調和を統合再明らかです。練習はまた、一人一人が健康を確保するために、宇宙や他の後に1に同期して一定のドーシャと調和に存在されて全体の人を、構成する基本的な生理機能と個性の外に考えられていることを教示している。この憲法は、このようにピッタや代謝、ヴァータまたはモーションとカパまたは結束として知られる体の機能を支配する3ドーシャ、あるいは生物学的な力の固有のバランスです。そこにこれらの3つの基本的なドーシャやエネルギーの終わることのない組み合わせと製品があり、それぞれの人の憲法は、このように、他から一人のユニークで明確な違いを説明し、ユニークな表現である。この憲法は、人が自然に付着するか、経験は、それが調和している、何が病気に不均衡と感受性を引き起こすものを扱うのと同じ方法で、反発何が何であるかを決定します。ない二人が似て同じかないと2人の症状が正確に似ていないので、それが病気に罹患している人の治療に近づくと、アーユルヴェーダは限り特定の病気の治癒に近づくことはありません。アーユルヴェーダはまた、とりわけ、すべて同じようなドーシャを所有する、それが正常に認識されているものよりもより多くのもの、地球の基本的な要素、風、火、空気だけでなく、惑星や星が含まれ、それらの例に生命を属性することを前提と考えられている特に生物、人間の良心に。この規律を理解する鍵は、全体の宇宙や宇宙は広大な外宇宙に存在する1絶対単数、すべての一部であることを想定しているアーユルヴェーダの中核基盤である、人間の体の内部の宇宙にミラーリングされます。今では、アーユルヴェーダの原則は、生命エネルギーやドーシャが作ると生活の調和を促進する重要なエネルギーであり、それがどのように健康を促進するために重要な役割を果たしており、幸福とということを教示していることを知っている彼のアーユルヴェーダドーシャを識別する方法。検索
人気の図説
  • 高齢木で作られた年齢ユーズドウッド

    共通の世帯項目にどのようにそれらの家の装飾の人気作品作り、素朴な魅力を持っています。しかし、骨董屋でちょうど右の項目を見つけることは難しく、高価になることができます。木製家具、フォトフレーム、本棚や他の多くの項目は、新規購入または使用され、

  • 細菌

    ミクロ生命体の様々なタイプを区別するために議定書が役に立つか人体に有害かもしれない。したがって、これらのエンティティを勉強微生物学者は、メイクや特性に応じてそれぞれを分類します。最も一般的な微細な生命体の一つは、細菌である。形状、機能、フォ

  • 健康な食事の栄養ガイド

    人民ダイエットは、過去100年間で劇的に変化しました。現代の食生活の中心に肉や脂肪の動きにすぐに簡単な全粒穀物からの処理済み穀物や漂白小麦粉への移動から、これらの食生活の変化の多くは、人々の全体的な健康のために良いされていない。多くの人々の

  • レントゲンカセットは何ですか?

    レントゲンカセットは、X線フィルムを保持するプラスチック製のカバーです。カセットが吸収時間の最適な組み合わせを見つけて撮影した画像を最も明確にするために上に微調整して改善された1948年ごろから。人は11分のためにX線にさらされたが、今では

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved