日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > 黄斑変性症の制御を取って!

黄斑変性症の制御を取って!

     編集:健康

あなたは、ビジョンの問題が発生していますか?あなたはビジョンの問題の直接の結果かもしれないと信じて、毎日または毎週頭痛を持っていますか?あなたは、ビジョンのボケを持っていますか?あなたは悩み顔の特徴を区別するか、困難な時間の読書を持つを持っていますか?もしそうなら、あなたは、黄斑変性症に苦しむかもしれない。黄斑変性症は、40歳以上の成人の間で最も急速に成長している視覚障害の一つである。これは、40歳未満の一部の人々はこのビジョン状態と診断されているものの視力問題を規定する年齢であると考えられる。黄斑変性症とは何ですか?これは、人は自分の直視を失い始めます前記一般ビジョンの状態です。目の層で血管が弱くなるときに発生します。これは、彼らの目の前で直接見ないために人を引き起こす可能性があります。場合によっては、血管が網膜の後ろに拡張することができる。彼らは実際に網膜が戸建てになる場合が程度に拡張することができます。これは永久的な失明につながることができます。検討する際に、ほとんどの人がそれを引き起こし、それがどのように扱うことができるかを知りたい黄斑変性ものです。まず、この状態と診断される人になることが多くの要因があります。最も一般的な要因は、遺伝やライフスタイルです。あなたの家族のメンバーが過去にこのビジョン状態と診断されたなら、あなたは可能性が非常に高いこのビジョンの問題で結果という遺伝子が渡された可能性があります。あなたがあなた自身の体内に最初からプロセスを停止するために、予防措置を取ることよりも、この他についてできることは何も単純にはありません。次の要因は、ライフスタイルである。これはあなたが何を食べると、あなたが持っているかもしれないものの悪徳が含まれています。あなたがたばこを吸​​うか、定期的に飲む場合は、あなたの免疫システムが弱体化されています。これは、タバコを吸う人と、週単位でアルコールを大量に消費する人はいけない人々よりもはるかに低い免疫システムを持っていることを多くの研究で証明されています。あなたは弱体化免疫システムを持っている場合、あなたの体は正常に修復し、自分自身を守ることができません。これは、あなたのビジョンを含む。それはあなたの食事療法に来るとき、あなたが日々食べる食品の栄養価を考慮する必要があります。あなたの体は健康を維持するために特定の栄養素を必要とします。あなたの目は、実際に強く、健康を維持するために、特定の栄養素を必要とする。あなたの食事はあなたの目には、これらの栄養素を提供していないなら、あなたはビジョンは最終的に苦しむことができます。 AMDと診断されている誰もがそれらに利用可能ないくつかの治療の選択肢を持っています。これらは、レーザー眼科手術を含めたり、少数を示すためにサプリメントを利用すること。あなたの治療の選択肢を検討する場合には、ビジョン専門家に話すか、ノーモアAMDのような専門家と評判の資源を活用する必要があります。彼らは、この状態の患者への情報や治療法の選択肢の大手オンラインプロバイダです。あなたの側でノーモアAMDがこの疾患を治療すると簡単!検索
人気の図説
  • 胃バイパスと胃バンディング手順など初めPostbariatric患者

    肥満手術のための食べることのベスト食品は、減量を支援するために、患者の胃のサイズが小さくなります。手術後の最初の6〜8週間で、肥満患者は液体だけダイエットにする必要があり、彼らはその後、非常に小さな部分に柔らかい食品を再導入し始める可能性が

  • 健康ストアは健康的なライフスタイルリビングスナック

    を買ったことは専門ヘルス店への長い旅行を必要とし、ブランドの専門健康食品にお金の法外な金額を費やす必要はありません。健康食品やスナックオプションについての知識で武装し、任意のスーパーマーケットへの短い旅行では、時間がないあなたより健康になる

  • マスター漢方医とは何か?

    マスター薬草は、健康上の問題を緩和するために薬草の使用を検討し、ハーブの専門知識を得るための要件に合格しています。ロッキーマウンテン衛生研究所によると、彼らは、紅茶や軟膏のような薬草の多くの種類を作るための根、葉とハーブの花を使用しています

  • あなたは朝のアラーム音

    忙しいです迅速かつ断固たる行動と、ホットコーヒーが行動に揺れ日動作するレースとしてマグカップにあるときは健康な食べ方。この必死の、毎日のスケジュールと、それは車に向かう途中で食器棚からファーストフードやスープとポップコーンをつかむの習慣を身

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved