日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > 自宅で歯を白くするには、どれくらいの期間がかかりますか?より多くの人々がその利便性と有効性を実現するように

自宅で歯を白くするには、どれくらいの期間がかかりますか?より多くの人々がその利便性と有効性を実現するように

     編集:健康

歯科医で専門的治療の恩恵なしで自宅で歯を白くするには、歯科衛生のむしろ人気が一部になっている。後者はより速く、より顕著な結果を生成することができるかもしれませんが、ホームホワイトニングキットを使用することの利点は、単に無視するのは難しいです。それは家庭の快適さから、効果的に歯を白くするのにかかる時間の正確な長さは、このような使用済み製品や方法のタイプなど、いくつかの異なる変数に依存するであろう、それに含まれる成分が、どのように多くの色合いの軽量化が期待される。時々、私たちの最善の努力にもかかわらず、歯の表面は、喫煙や食事の特定の食品を、紅茶やコーヒーなどの飲み物を飲むようなことから、染色になることができます。歯に小さな亀裂は、歯の色が暗く表示されるように引き起こして、収集し、構築するためにエージェントを染色するための最適な場所にすることができます。歯石の預金とは、また歯を染色し、それらに暗い色合いであることの外観を与えるために役立つ計算。成功した自宅で歯を白くするための鍵は、製品の有効性だけでなく、であるだけでなく、どのようにコミットして、プロセスにある。命令は慎重に続き、それが、わずか1つまたは2つの訪問で行うことができる歯医者の歯のホワイトニングと比較して時間がかかりますことを覚えておく必要があります。ホームホワイトニングキットを動作するように公平な機会を与えることなく、結果は約束通り、ほぼ同じくらい良いことTを獲得、または製品がまったく動作しない場合があります。これらのキットは、カルバミド過酸化物を含んでいるので、歯科医での治療で使用したのと同じ成分は、彼らが効果的であるが、間違いなく目に見えるようになるために結果を得るために時間がかかります。自宅で歯を白くすることはあなたに完全なアプリケーションプロセスの制御だけでなく、あなたがフォロースケジュールの面で柔軟性を提供します。美白ゲルまたは溶液を充填しながら一枚が下に上の歯や他に装着されて一般的に使用されて口のトレイシステムは、おそらく一度に数分ま​​たは時間のように少しのために着用するか、する必要があるかもしれません一夜限り、製品の方向性に応じて。歯の上に直接置かれるホワイトニングストリップは通常、削除する前に、一度時間半までのために着用されています。プロセスは、ホワイトニングの所望のレベルが達成されるまで繰り返されるべきであるが、使用した後、ホットと冷たい食べ物や飲み物と接触するとき感度がさらに深刻になることができるように敏感な歯と歯茎を持つものは、慎重に間隔をあけたスケジュールに従うことになるでしょうナー。歯がどのように汚されたに応じて、再度、最初の一週間後に日常的に正しく使用されている自宅歯ホワイトニングキットの結果を見て、期待しています。最終結果は、通常、第二週の終わりまでに見られている、と多くの場合ブラシとフロスを思い出しながら、明るい色を維持するために、必要に応じて歯ホワイトナーは、再度使用することができます。検索
人気の図説
  • メキシコのレストラン

    夕食に出かけるに健康食品は、私たちのほとんどのための御馳走です。しかし、外食すると、しばしば私たちの健康的な食事計画を妨害することができます。私たちの多くは、良いメキシコ料理が大好きですが、それは不健康と肥育だと思います。いくつかの慎重な計

  • 爪にあなたの爪がいかに不健康

    どんなにを復元する方法は、特別な治療、丁寧なケアと定期的なメンテナンスでそれらを復元することができます。健康で、綺麗な状態にあなたの爪を復元すると、脆性、破損や危険な真菌感染症を防ぐことが重要です。水に爪を浸し、さらに、有害な化学物質を取り

  • リーディング&メモリパフォーマンス

    メタ認知戦略に関するメタ認知的戦略は、人々が考えると認知や思考プロセスを理解するのに役立つことを行動の記憶に残る予定です。だけでなく、あなたが読んだものを覚えて能力を高めるようにあなたが学生、教師や学習への愛を持つ人であるかどうか、あなたは

  • TBテストを管理する方法

    結核(TB)は、細菌感染症です。それは、感染者の咳やくしゃみを放出唾液滴を通じて広がっている。 TBは、グローバルな健康問題であり、放置すれば、潜在的に致命的である。またマントーテストとして知られている精製​​タンパク質誘導体(PPD)結核

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved