日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > 歯のホワイトニングキットを選択する方法は?歯科事実

歯のホワイトニングキットを選択する方法は?歯科事実

     編集:健康

歯のホワイトニングは、あなたの外観と笑顔の改善にあなたたくさん助けるかもしれないが、特定の欠点は、この手順を使用する前に考慮すべきことにもあります。容易に作った製品を白くする歯の副作用は多くの理由のためにすることができます。このようなストリップと他の製品を漂白歯に用いられる過酸化水素又は車アミドペルオキシドなどの漂白剤の様々な組成物に起因することができる。漂白剤には歯のエナメル質の有機部分に含まれる顔料に影響を与えるフリーラジカルを生成します。これらの基は、歯が白く見えるように残して、光を反射する顔料の強さと自分の財産を減らす。我々の口腔は本質的に敏感である軟部組織で構成されています。これらの組織は、過酸化水素などの腐食性として何かに接触するたびに刺激と唾液分泌の反射作用があります。それは何日も続くことができる口の中に刺激の良い量、につながる。それだけで過酸化物の強さや中和の減少で終わる。歯科医は、治療を白くする歯の間に患者の口を麻酔しないでください、それはプロセスが終わった後維持することができ、手順の間に不快感につながることができます。これはホワイトニングプロシージャに歯の感度のためです。不満のもう一つのポイントは、歯のホワイトニングが不均一である。プロセスを白くするには、歯の先端が白化しています。その後継続使用で上の歯の残りの部分は白化しています。一方、歯の詰め物は、不均一白く歯になり手続きを白くする歯を軽くしません。いくつかの場合において、人は、治療中に、歯に白い斑点を受けることができる。これは、スポットを色褪せや歯を軽くになり、これ定期的に歯を漂白することにより除去することができます。ほとんどの場合、歯のホワイトニングは、ホット&コールドドリンクや食品に歯が敏感に。ホワイトニング治療後、何人かの人々は何時間も痛みが発生する可能性があり、美白剤が歯の神経に接触したことを示している。それ以外の場合は、歯の脱水のためとすることができる。治療は歯茎に保護障壁を維持しなくても行われている場合、それは、化学火傷をもたらし得る。これは、歯茎と漂白剤の接触によるものです。時には、過度のホワイティングは、あなたの歯を暗くするリスクの増加につながることができます。多くのユーザーは漂白剤として過酸化水素を用いた後の出血舌と歯茎に苦しむ。いくつかのケースでは、それはまた、下痢や腹痛をもたらすことができる。製品歯のホワイトニング、通常、漂白剤の濃度は、安全規格に維持されるが、過酸化物は、呼吸器の問題を生じ得る。あなたは、過​​度の集中が多くの合併症を引き起こすことができるので、あなたの歯のホワイトニングキットが10未満の濃度の過酸化カルバミドが含まれていることを確認する必要があります。すべてのこれらの事実は、キットを白くする最も最適な歯を選択する前に考慮すべきである。あなたが優れた歯を持っていることの適切な知識を得ることを保証するためにこれらの有用なヒントを使用してください。ドンtはあなたの次の集まりの中で目立つ、溶け込む。大きな白い笑顔を持つことは、人から多くのことを言います。検索
人気の図説
  • 肺の瘢痕

    瘢痕肺の原因は、また、肺線維症、間質性肺疾患、線維性肺胞炎、間質性肺炎とハマムリッチ症候群と呼ばれると、セル間腫れや気嚢と組織の瘢痕化を伴う慢性疾患(間質組織である)肺の。この瘢痕はあなたの肺が硬く作ると呼吸困難につながることができます。そ

  • 方法:高速健康的な朝食のアイデア

    朝食は本当に一日の最も重要な食事ですが、あなたは私たちのほとんどのようにしている場合は、子供たちは着替えの間に急いで自分自身を見つける、犬飼育、ドアとオフ出朝の仕事、それはベーコン、卵、ビスケットとグレービーずにだ。するそのドーナツのために

  • それは有機豆類を食べて良いですか?

    有機豆類を食べて良いことかどうかを判断するために調べる必要があります別の要因があります。まず、マメ科植物のさまざまな種類の異なった従来の治療の影響を受ける可能性があるために、マメ科植物の種類が消費されているか考慮する必要があります。その後、

  • 敏感腸管のため国会

    敏感腸管は、一般的な病気で、過敏性腸症候群や病を含む多くの原因を持つことができます。どんな原因に関係なく、当たり障りのない食品は、症状を緩和することができます。 BRATダイエットZazzle.co.jpからいくつかの感度が腸内の善玉菌の不

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved