日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > 開きフィットまたは標準フィット補聴器は、それはあなたが聴力検査をした後、補聴器を必要とすることを決めている場合は、幅広い選択肢が用意されましたことがわかります違い

開きフィットまたは標準フィット補聴器は、それはあなたが聴力検査をした後、補聴器を必要とすることを決めている場合は、幅広い選択肢が用意されましたことがわかります違い

     編集:健康

をいただきました。そこにこのような耳の後ろ、耳では、チャンネル内のと完全にチャンネルのように補聴器の様々なスタイル、ありますが、オープンフィットと標準フィット補聴器間のさらなる選択が今そこにあるだけではなく。標準的な補聴器は、特にエイド内電子の小型化のために、過去数年間で大幅に変更されています。その小型化がはるかに小さいので、耳の後ろのエイズを作られているエイズはほとんど見えないことができるようになりました。ためにも非常に小さいサイズで、完全にチャンネルでエイズは見ることが事実上不可能である。ただし、すべての標準的な補聴器は完全にイヤモールドによってブロックされて耳のチャネルによって引き起こされる閉塞と呼ばれる1つの大きな問題、苦しむ。これは、銃身の内側にあったかのように音を聴いての感じを与える。高周波聴力損失および低周波数応答の患者は、主に影響される。 。彼らは完全に耳チャネルオープンフィットを閉じないので、補聴器は、この問題を克服フィット開きます。オープンフィットの2つのタイプがあり、1つは、単に標準的なフィット補聴器のようなイヤモールドを持っていますが、それは空気と低周波は、このようにブロックされた耳の効果を克服し、通過する音できるように金型にカットし、小さな穴があります。第二のタイプは全くイヤモールドを持っていないが、非常に細い管は、増幅された音が通過する耳チャネルに補聴器を接続。これにより、チューブが非常に薄いため、それがほとんど見られない、または全く耳路を遮断しないという点で大きな利点を有する。エイドは耳チャネルiに位置していますどこに使用することができます耳型の小さな開口部を持っている補聴器のオープンフィットタイプ。電子。イヤー。チャンネル内および完全補聴器チャンネルで、非常に細い管を用いたオープンフィットに対し、耳の型の補聴器の後ろに使用されます。オープンフィット補聴器は、特にフィッティングの段階で、他の主要な利点があります。標準的な補聴器は、特別に耳を受けるに合うように設計されたイヤモールドを持っている必要があり、一方、オープンフィット補聴器は、特別なイヤモールドを必要としない、または細いチューブタイプの場合には、イヤモールドは全く必要ありません。なぜなら、オープンフィット補聴器をフィッティングのしやすさがない作られているイヤモールドを待ってすぐに取り付けることができます。結論として、オープンフィット補聴器は、特に高い周波数で難聴の患者のための標準的なフィッティング補聴器に比べて多くの利点を持っています。しかしそれは、しかし、良いか高価なデジタル補聴器は、そのORIGIONAL状態に聴力患者を返すことになることはありませんであることを指摘しなければなりません。検索
人気の図説
  • 夢遊病ウォーキングまたは一般夢遊病睡眠の兆しが子どもたち4〜8で発生 - それはどの年齢でも起こることができますが。一部の人々はつぶやくいくつかの単語を、ベッドの中で背筋を伸ばして座ると背中横になると位置を睡眠に戻ります。その他外歩いたり、

  • 胃バイパスと胃バンディング手順など初めPostbariatric患者

    肥満手術のための食べることのベスト食品は、減量を支援するために、患者の胃のサイズが小さくなります。手術後の最初の6〜8週間で、肥満患者は液体だけダイエットにする必要があり、彼らはその後、非常に小さな部分に柔らかい食品を再導入し始める可能性が

  • もっと鉱物を食べる方法毎日

    ミネラルはすべての体組織や体液、歯、筋肉、血液、皮膚、神経細胞や骨の組成物の一部である。彼らは、神経メッセージを送信すると筋肉を収縮し、解放に触媒として働く。鉱物は、食品の代謝のためのシステムでビタミンと一緒に動作します。ミネラルは私たちの

  • 人間

    動物ヘルプ犬のほかに介助動物の長い人間のサービスにされている、、ワゴンとプラウを引いて家を守って、害虫の無料の食事を維持する。さらに最近では、彼らは仲間になった。身体的または精神的な障害のような特別なニーズを持つ人々は、彼らが見、聞き、そし

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved