日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > ダンス

ダンス

     編集:健康

の健康上の利点は、あなたは今まで夜のダンスを過ごしたことがありますか?午前10時の周りのクラブにチェックインし、約6時間後に外にずらして、汗でスパイク髪、ボディにフラッシュ、足が完全に磨耗耳が鳴って?それとも、汗の健全な光沢をアップする作業中に指をスナップ、あなたがこれまでのスイングダンス、ジャンプジャイブ出てきやあなたのパートナーをスピンし、それらを周りに振り回すように嘆きがありますか?タンゴ、ボールルーム、ヒップはオプションとスタイルは終わりhoptheresませんが、それらのすべてが、動く溝と自分自身を楽しんで、あなたの体を伴う。これまで利益があなたの体によって計上されているかを正確に疑問に思った、ダンスの健康上の利点は何ですか?を読んでないlongerjustを不思議ではありません。最初のオフは、柔軟性をtheresの。モダンジャズのバレエから、正式なダンスのいずれかの種類をやってyoureの場合、ストレッチングセッションから始め、次にそれをすべてを手放す暖めyoureの後youllは。ただのバーでお友達と楽しんでyoureの場合でも、ダンスは動きのフルレンジを求める動きの広い配列を伴う。あなたダンスほど、あなたの筋肉は、Flexと伸びる。ダンスのほとんどのフォームは、当然の結果として、より柔軟になってしまうyoullの最終結果と、屈伸を伴う。ほとんどの人々は重量を持ち上げて、ジムで筋力トレーニングを関連付けることが、多くの人が自分の体はあなたの筋肉のために自重として働くことができることを忘れ。強さは、結局のところ、あなたの筋肉の能力として定義されていることに対する抵抗力を発揮し、重力はあなたが必要とするすべての抵抗を提供する。ダンスの多くのスタイルは、途方もない強さを必要とする運動をジャンプして高い空中に跳躍を伴う。あなたの太も​​も、ふくらはぎ、コアはディップとしてあなたの体を制御するために行う必要があり、すべての運動を考える場合は、オンにし、動揺、トレーニングへのフル。持久力。 10分間踊ってyoureの場合を除き、ダンスの任意の長さの期間は、トレッドミルで30分以上、あなたのためにはるかにを行いますフルボディワークアウトです。すべての夜のダンスセッションは汗では降り注ぐままにして、ジムのトレーニングはあなたがそう浸し残っ前回whensのだろうか?バーでは軽食を得るために休憩を取ってyoureの場合でも、まだ動いて踊り時間、運動のようなものは、あなたの好気性のエンジンのために優秀であるyoureの。リハーサルすべてのことはあなたにキラーワークアウトを与えることは間違いないtheresのではなく、プロの踊り、またはダンスの正式なスタイルをしてyoureの場合。最後に、ダンスはよくあることの信じられない感覚を授けることができます。その根源には、社会的相互作用は、その楽しさとリズミカルな音楽に合わせて動くの古代の形がありますように楽しみのような基本的な形です。ダンスのグループに参加し、実行し、新しい人との出会い、世界に出ている、友達と一緒に踊って、社会的相互作用のこれらのフォームのいずれかがあなたの自尊心とよく検索されてのあなたの感覚のために信じられないほど健康である
人気の図説
  • ニームエキス

    ニームの用途は、インド原産の常緑樹です。何千年もの間、その種子、樹皮や葉は、その薬効成分のために使用されている。ニーム抽出物は、ホメオパシーだけでなく伝統的な薬として広く使用されています。その抗ウイルス、抗菌、免疫昇圧特性は、多くのアプリケ

  • 通常のメス馬テストステロンのレベル

    テストステロンは、我々は主要な男性ホルモンとして認識するホルモンですが、それはまた、雌の哺乳類に存在する。馬の女性、または牝馬の場合は、妊娠していない牝馬の正常なテストステロンレベルは、血清のmillileter当たり45ピコグラム以下であ

  • 薄い基底膜病

    薄い基底膜疾患の徴候と症状は人間の腎臓に影響を及ぼす疾患である。これは、薄い基底膜腎症、細い糸球体基底膜病や良性家族性血尿を含むいくつかの他の名前で行く。薄い基底膜病は一般人口のわずか1%に影響を与えることは比較的まれである。それは強い遺伝

  • ロッキー山紅斑熱の力価に従ってくださいする方法

    ロッキー山紅斑熱は、細菌の生物ロッキー山紅斑熱リケッチアを運ぶダニの咬傷を透過厳しいダニ媒介性疾患である。病気は、通常、人はダニによってにさらさまたはかまされた後に発症する症状に基づいて疑われる。このような抗体価などの特定の臨床検査は、病気

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved