日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > 胸焼けの原因食品は

胸焼けの原因食品は

     編集:健康

人が日常的に消費する食事は、胸焼けのリスクを決める最大の要因です。胸焼けを引き起こす、避ける最善の場合であり、特定の食品があります。この記事では、これらの食品の多くを議論する。柑橘類は、胸焼けの危険にさらされている人々によって回避する必要があります。オレンジ、グレープフルーツ、オレンジジュースは胸焼けを引き起こす可能性があり、一般的な食品です。これらの果物は、本質的に酸性であり、特に空腹時に消費されるべきではありません。トマトは、自然の中で高度に酸性であると胸焼けを引き起こす可能性があります。ニンニクとタマネギも胸焼けを受けやすい人々によって回避する必要があります。当たり障りのない性質のものである食品は胸焼けから離れて滞在したい人によって消費されるべきである。辛い食べ物は、いくつかのケースでheartburnsを引き起こしたことが知られている、そのように、それは胸焼けの危険にさらされている人々はコショウ、唐辛子メキシコ料理、そしてそのような類似のスパイスから遠ざける場合に最適です。ペパーミントは、酸が食道に逆流することがあります括約筋を弛緩として食後かかるペパーミントは避けるべきである。脂肪含有量に高い食品は、脂肪消化プロセスを遅くし、これが今度は胸焼けに導く食道括約筋に多くの圧力を引き起こすように胸焼けを回避するために消費されるべきではない。我々は胸焼けから離れて滞在したい場合は、ハードドリンクをあきらめることも必要である。ワイン、ビール、カクテルが大幅胸焼けの発生を誘発する。このようなマッシュポテト、ハンバーガーやホットドッグ、フライドポテト、チキンナゲット、牛ひき肉、スパゲッティ、マカロニとチーズ、コーンチップス、アイスクリーム、チョコレート、ポテトチップスやサラダドレッシングなどの食品は、その原因の胸焼けすべての食品です。胃内のpHレベルをバ​​ランスされない限り、それは胸焼けから脱出することは不可能である。これは、水の十分な摂取によってのみ可能であり、1つは水の少なくとも8杯の日を消費しない場合など、胸焼けの危険性が大幅に増大させることができる。蒸し野菜に使用され、そのようなタマネギとニンニクと炒め味も胸焼けにつながることができます。カフェインが含まれているようなお茶、コーヒー、ソーダ、アイスティーなどの飲料は間違いなく長期的には胸焼けを引き起こす可能性があります。チョコレート食道括約筋を弛緩し、食道に逆流する胃酸を引き起こし、そのように、それが最善の回避される。それは非常に胸焼けのリスクに関連しているように炭酸飲料に中毒も危険です。炭酸飲料は、胸焼け、その結果胃の膨満を引き起こす。したがって、これらは、胸焼けを引き起こす、そのように一つは健康を維持するために、測定された量でそれらを取るべき食品のほんの一部です。私たちは私たちの食生活を観察し、私たちが消費している食品は、私たちは健康を維持または胸焼けにつながっていることに支援されている場合に気づき、それを監視する必要があります。その後、我々は我々のニーズに合った、私たちは健康を維持し、誠実に健康を維持するためにそれに従うことができます食事を準備する必要があります。検索
人気の図説
  • アーユルヴェーダ

    が物理的および精神的な健康のための知恵の古代ヴェーダソースで接地されていると健康生きる方法。健康的な食事、物理的な救済と組み込む 人生の知恵を、アーユルヴェーダは彼女自身の自己の中に、自然界とシーカーの調和とバランスへのパスを提供しています

  • ニームエキス

    ニームの用途は、インド原産の常緑樹です。何千年もの間、その種子、樹皮や葉は、その薬効成分のために使用されている。ニーム抽出物は、ホメオパシーだけでなく伝統的な薬として広く使用されています。その抗ウイルス、抗菌、免疫昇圧特性は、多くのアプリケ

  • 奇跡のダイエット

    奇跡のダイエット:ヘルス&ウェルビーイングの新時代は博士マックス·ゲルソン食事と無病生活を結ぶ彼の発見についてラリー·エフロンの本です。博士ガーソンの理論は、病気を予防し、健康を維持するために体を解毒ダイエットがあります。食事はガーソン療法

  • あなたは、TBを持っている場合はどうなりますか?

    TB、または結核は、米国では過去の病気と考えられているが、それは多くの第三世界の国の人々や免疫不全を持つものに影響を与え、依然として非常に深刻である。結核は、肺の病気ですが、多くの批判的に、未処理の場合は、身体の他の部分に広がることができま

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved