日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > バーンズ、そしてどのようにそれらの世話をするために

バーンズ、そしてどのようにそれらの世話をするために

     編集:健康

バーンズどちらマイナーまたは非常に深刻なことができます。重度の火傷はあなたが火傷がどの程度深刻な決定する必要が在宅治療を開始するので、前に、医師の注意を必要とする。あなたの皮膚は三層で構成されている。最初の二つの層は表皮と呼ばれています。表皮は、角質層と呼ばれる死んだ皮膚細胞の保護コーティングを有している。角質層は、ティッシュペーパーよりもさらに薄く、非常に薄いです。表皮の下、真皮と呼ばれる第三層されています。神経受容体、血管、毛包、汗腺や皮脂腺は、お肌の90を構成する真皮ですべてです。真皮の下には、あなたの内側の臓器を保護皮下組織の層である。この層はまた、ふっくらとなめらかな探してお肌を保ちます。バーンズは、皮膚の層に浸透する方法を深くに従って度合いによって分類されます。最初度熱傷は穏やか火傷です。それは第一層の上部のみを含む。唯一の症状は赤みです。いいえ水疱は発生しません。ほとんどの治療は、最初度熱傷のために必要です。痛みを和らげるために、冷たい湿布や麻酔軟膏を使用してください。痛みがなくなっていたら、感染を防ぐためにエリアを洗う。やけどの面積が常に衣類や他の物体と接触してくる場合は、摩擦から焼失面積を保護するためにドレッシング光を適用します。火傷は、自分自身で癒してくれると傷跡を残すことはありません。第二度熱傷は、赤みが表示されますが、水ぶくれがあるだろう。最初度熱傷と同じように、痛みを和らげるために、冷たい湿布を使用していますが、水ぶくれのいずれかを破ることはしない非常に注意する必要があります。新しい皮膚は水疱の下に成長しています。長くブリスターはそのまま維持することができ、より多くの新しい皮膚が構築することができます。その後ブリスターそれは尽くすよう、破るない場合、感染の少ないチャンスがあるだろう。痛みを緩和した後、ぬるま湯を使用して、非常に優しくエリアを清掃してください。そして、かさばる、パディング包帯を適用することによって、エリアを保護します。医師によって処方されない限り軟膏は湿らせたくない破裂、それを引き起こしてブリスターを弱めるように、軟膏のいずれかのタイプを適用しない。感染がに設定されない場合は、抗生物質の軟膏が必要になりますが、これらは医師が処方する必要があります。第二度熱傷は、または医師の介護を必要としない場合があります。火傷が小さく、全く感染が存在しない場合は、在宅治療で治る。感染が存在する場合には、皮膚の大部分が関与している場合や、それは医者を参照する必要がある。第三度のやけどは、皮膚と皮膚とさえ骨下時折筋肉の全体の厚さを伴う。そこには水ぶくれがありませんが、残りの皮膚組織は、白、黒または白くさ黒焦げすることができます。彼らは通常、非常に熱い液体や炎への暴露によって原因となっています。第三度のやけどは、医学的な緊急事態を構成し、人はすぐに病院の緊急治療室に連れて行かなければならない。任意の軟膏を適用していないが、清潔シートや滑らかな、きれいな、布でゆるくエリアをカバーん。検索
人気の図説
  • アボカド

    アボカドの熟成を加速する方法グアカモーレに全部またはマッシュポテト食べたときにおいしいと健康です。優しく果実を絞ることによって成熟のためのテスト - 熟した、望ましいアボカドでしっかりと押されたときに少し与える。アボカドは木に熟していない

  • 私はサービス犬を取得する必要がありますために何Disabilitesを持っていますか?障が

    人々は生活の質を改善するために介助犬を所有する権利があります。介助犬は、障害者を、自由に動き回る聴覚障害者に役立つとも、子供は彼の周りの世界との接続を支援する機能を提供します。多くのサービス犬機関は犬を受け取ることができる人支配厳格なルール

  • コンポジットレジントレイを設定する方法

    コンポジットレジン、歯の色の詰め物に使用されます。それは適切に充填にそれを指示するために複合銃に置かcarpulesにある柔らかい、puttylike素材です。紫外光源は、それが歯科医でバリとディスクでダウンして仕上げることができるように、

  • あなたの家の齧歯類を駆除すると何かが私の掲示板に

    で亡くなった場合、悪臭を取り除く方法を、一つは壁の中に死んでしまう可能性が常にある。壁を開放すると、最もコスト効率の良いソリューションではありませんので、腐敗·分解プロセス中に臭気を、外に乗って、多くの場合、選択されたパスである。くらいのプ

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved