日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > より近代的な歯科用ツールのいくつかは何ですか?

より近代的な歯科用ツールのいくつかは何ですか?

     編集:健康

現代歯科は過去の歯科世界から長い道のりを歩んできました。もはや患者は原油楽器とほとんど、あるいはまったく高度な疼痛管理や鎮痛剤を使用する歯科医の手に苦しむする必要はありません。これらの日、それは歯科医は歯科処置が苦痛が少ない作るが、同様に、より効果的かつ高速なだけでなく、未来の歯科ツールを使用する可能性が高くなります。このごろ歯科医のオフィスで最も近代的なツールの一つがコンピュータです。コンピュータとコンピュータのモニタであってもコンピュータ化されたカメラは右の患者の前のクリアな視界に投影することができ、歯と歯茎とX線画像の写真を撮ることができるように、歯科医の椅子で右に使用されています。コンピュータは、以前の訪問から、口の歯の記録と写真を表示し、右側に歯科医の椅子の前に、これらのコンピュータのイメージを持つことは、歯科医の仕事を助け、また、彼を助けたり、彼女は患者と通信手順を説明することができます。エア摩耗ツールは、多くの歯科医のオフィスで別の近代フィクスです。代わりに昔ながらの従来のドリルを使用するのでは、歯科医は現在、高速空気ドリルを使用することができます。ドリルのこのタイプは、歯垢や破片を除去開くと感染した空洞を一掃し、欠けた歯でラフスポットを上に滑らかにするために助けることができます。ツールは研磨掘削作業を行うために酸化アルミニウムのエアプラス小さなビットを使用しているので、手順は通常の掘削技術よりもはるかに少ない不快と騒々しいです。歯科医は本当の痛みはまったくありません空気摩耗ツールで専門家である場合には、行われた作業ははるかに正確かつピンポイントであり、手続き後の回復時間が短くなります。患者はさえ空気摩耗ツールは古いスタイルの歯科用ドリルの代わりに、効果的かつ専門的に使用されている場合麻酔薬や鎮痛剤を持っている必要はありません。骨にカットするための極端な手術が必要な場合には、骨を切断するために第二音波当たり60,000を展開する超近代的piezosurgeryツールを使用することができる。 FDAは歯科手術のためのこの最先端のツールの使用を承認しており、通常は音の波は、関係する任意の出血や痛みがあってもそこにはないことを非常に速くスライス。カットは、より厳格な低侵襲、患者のために安全です。いくつかの歯科医が自分のオフィスに持っているもう一つの大きなツールは、歯冠を彫刻するコンピュータ化されたマシンです。過去には、歯科医が歯冠のために測定した後、専門家の手で新たな人工歯を彫ると形状であろう特別な実験室に出て測定値を送信する必要がありました。プロセスは、骨の折れる、高価であり、時間がかかりましたが、現在はコンピュータの彫刻によって行われた仕事と同じくらい正確ではありませんでした。このごろこれらの新しいデバイスのいずれかを持っている歯科医はそれにクラウンの正確測定仕様に関するコンピュータのデータを接続した後、王冠の周りに小さなロボットアームシフト、回転、およびスイベル、完璧にそれを切り分けることができます。プロセスは午後内で行うことができ、患者は歯科医への単一の訪問中に行わ全体王冠のインストールを持つことができます。これは、時間、お金、そして遅れや不正確な彫刻によって引き起こされる患者に不快感や不便を保存します。検索
人気の図説
  • あなたは、毎日どのように多くの食事を食べるべきか?

    食べる頻度は、アメリカの関心事であると思われる。英国の食品基準ガイド、カナダ保健省も、健康的な食事の言及を食べる頻度のオーストラリアガイドも。彼らは1つが最適な栄養のために食べるべきか、どのくらいではなく焦点を当てています。 1日3バランス

  • 穀物、果物&野菜のソースは何ですか?

    複雑な炭水化物、または良い炭水化物は、ゆっくり消化炭水化物である。複合炭水化物は、植物から来て、このような全粒穀物、野菜、いくつかの果物などの食品で見つけることができます。繊維の高い、複雑な炭水化物は体のエネルギーレベルが燃え保ちながら、イ

  • 乾癬条件

    乾癬の種類は、皮膚細胞のライフサイクルが速すぎる起こっているときに発生する皮膚の状態です。私たちの体は、新しいものを作成しながら、すべての人の皮膚細胞は死ぬ。通常、このサイクルは顕著ではありません。ただし、プロセスが(それは乾癬の場合と同様

  • 赤ちゃんの免疫グロブリンの吸収は

    免疫グロブリンの5種類(抗体)、特定の機能を持つそれぞれがあります。他の人がウイルスや細菌感染と戦うために開発しながら、いくつかは、そのようなペットのふけなどの環境刺激に反応して発症する。赤ちゃんはこれらの免疫グロブリンを吸収する程度は、感

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved