日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > 歯科医院でボトックスと皮膚充填剤:なぜあなたのプロバイダとしての歯科医を選択するのか?

歯科医院でボトックスと皮膚充填剤:なぜあなたのプロバイダとしての歯科医を選択するのか?

     編集:健康

は、形成外科のアメリカの社会によると、ボトックスと皮膚充填手順は、過去10年間で2最も急成長している美容トリートメントと金額2に費やした豊胸手術や脂肪吸引に費やす合計量を超えています。患者がより手頃な価格と手術未満過激なオプションとのより良い見てみたいので、これらの手順は、この不確実な経済の中で人気となっている。傾向はここに滞在することで、歯科医は完全に無痛の方法でこれらのサービスを提供できるかどうか、追加された利点は、顕著である。審美歯科は、過去20年間のすべての歯科診療の一部となっています。これは、すべての歯科医が化粧品の歯科医であると言うことはほとんど安全です。我々は意図的に良い見ていない前歯の修復を置きますか?歯科医はこれまでにないような素晴らしい方法で、天然のエナメル質を模倣最新磁器のように、ベニア、クラウン、洗練された素材と完璧な笑顔を設計してきた。今、歯科医が顔面美的実践における洗練されたようなレベルに達したことを、我々は口周囲の筋肉や唇を無視しておくべき?結局のところ、彼らは、私たちの美しい歯の仕事をフレーム構造です。顔の残りの部分を無視すると、最終的な全体的な審美的結果を制限します。歯科医が美しく復元された歯を届けることができますが、それらは、薄いしわ唇、しわマリオネットラインと下向き経口交連に囲まれている場合は、望ましい効果は同じでしょうか?顔の各筋肉の機能と口腔内注射を与える:歯科医として、我々は非常に二つのことに精通している。完全に痛みのない方法で、皮膚充填剤とボトックスを提供する能力を持つことは、歯科医院で行われ、これらの手順を得るための最大の利点の一つです。ただ局所皮膚麻酔で配信経験豊かなフィラーを持っているほとんどの患者は、痛みのレベルが結果を付与するものではありませんし、再び経験を通過しないだろうと言う。歯科医はまた、はるかに、またはボトックスと皮膚充填剤を提供するために許可されている任意の他の医療専門家、以上のように、口腔顎顔面領域(額にあご)の訓練を受けてきた。これらの領域の歯科医の知識は、顔領域の合併症の世話をする能力を有することに加えて、それらのボトックスと皮膚充填手順のための選択肢の提供になります。もう一つの重要なポイントは、表情筋の力学の知識でその歯科医のマスターです。筋肉の間違った地域で投与ボトックスの二つのユニットは、3〜4ヶ月のために離れて行くことはありません不要な効果が得られます。それは眉にあまりに近くに配置されている場合は、患者は垂れ目を取得し、1つは、食べると笑顔を含め、正常に機能するためにリップ無能と無力を経験するであろう唇に近づきすぎている場合でしょう。ボトックスは、目の間にしかめ面ラインを減らすためには約20年前に導入されたが、今日化粧品のアプリケーションは、複数の利点がありました。治療の最も一般的な領域が額ですが、目、目のコーナーと時折口角間、ボトックスも痛みを軽減し、患者さんの笑顔を高めることができます。ボトックスは、運動を支配し、契約からそれらを防ぐ運動神経で神経伝達物質の放出をブロックします。したがって、慢性顔面痛、歯ぎしりを減らすために筋肉リラクサとしてグミ笑顔(ので、ピンクの歯肉組織のショーを浮かべながら、患者が高すぎる上唇が発生したとき)の外科的治療の代替として使用することができます。注射部位で満腹の外観を提供し、小じわやしわを滑らかに皮膚充填剤は、主にマリオネットライン、口角、唇増強とより深いひだのために使用されます。結果はすぐに表示されますが、何かがうまくいかない場合は、恒久のものは手術の必要性を危険にさらすような歯科医は一時的なフィラーを使用しています。従って歯科医オフィスで皮膚充填療法は半年ごと繰り返す必要があります。患者は今やボトックスと皮膚充填剤はの美的能力が何であるかについての情報へのアクセス権を持っているので、治療に多くの教育を受けてきています。彼らはますます彼らが今の歯科オフィスで手続きを受け、完全に快適でありながら同等以上の結果を受け取ることができます知って喜んでいる。これらの手順のための研修が歯科学校で提供されていませんが、学習曲線は非常に短いです。歯科医は、すでに日常的に注入し、これらの材料のメカニズムの管轄になってきている:適応症、リスク、ベネフィット、予防および管理合併症。これにもかかわらず、歯科医の10%だけは、アラガン社によると、ボトックスと皮膚充填剤療法を行う。そこにこれらのサービスを組み込むための歯科コミュニティのいくつかの抵抗があるが、それだけ歯科医がすでに技術を習得するために必要な適切な訓練を持っている化粧品/審美歯科診療にボトックスと皮膚充填剤を統合する論理的なようである。検索
人気の図説
  • 食事​​、食べ方、右が困難であることが、それは特別な食事療法である必要はありませんがありません。それは、ライフスタイルにすることができ、あなたは生活のために右を食べることができます!次のことをチェックしてください。 。 。しばしば私たちはど

  • コヨーテを怖がらせるためにどのように

    コヨーテは、ハワイを除いて、米国で発見されています。彼らは通常、人間との相互作用を回避する。しかし、コヨーテは、食品が関与している人の周りに快適になることができ、それらは時々栄養を求めて郊外を侵害。コヨーテは、ごみからあなたのペットに至るま

  • ニームエキス

    ニームの用途は、インド原産の常緑樹です。何千年もの間、その種子、樹皮や葉は、その薬効成分のために使用されている。ニーム抽出物は、ホメオパシーだけでなく伝統的な薬として広く使用されています。その抗ウイルス、抗菌、免疫昇圧特性は、多くのアプリケ

  • 銅管継手を発汗

    ジョイントパイプ汗をかくためのどのように多くの人々が信じているほど難しいことではありません。それは軽量であるため、銅管は、水供給ラインのための理想的な選択肢です。ねじ付きパイプとは異なり、銅管は、管継手とカプラとの間に緊密なシールを形成する

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved