日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > 予算リンクル修理の美しい探し

予算リンクル修理の美しい探し

     編集:健康

Q:私は50代前半で午前とイムシワを見て開始する。私の友人の多くは、フェイスリフトやボトックス注射を得ているが、イムは針やナイフの恐怖!私の肌を引き締めますカウンタの製品以上のいずれかがあります:?大質問!あなたが手術を正当化する十分な垂れ下がっている場合あなたが知っているでしょうが、その間に、お肌の質を向上させることができ、多くの非外科的治療があります。私たちのほとんどは、細かい顔のしわ、色素沈着と触覚粗さを理解していない。今、あなたは、最新のFDA承認されたトレチノインクリーム、Refissaとスムーズに、より少ない色素沈着した皮膚を持つことができます。これは、ベースのエモリエントで、お肌を乾燥させません。この製品は、写真損傷した皮膚のためのゴールドスタンダード治療となっています。これは、細胞がターンオーバーと太陽が泥沼に外層をオフに破損原因刺激することによって動作します。 Refissaは、健康的な肌への最初の重要なステップです。常に日焼け防止一年中を覚え!次のステップは、今ではお肌が健康的であること、提供される多くの皮の一つかもしれません。から選ぶべき多くの皮があります。この記事の目的のために我々はマイクロレーザーピールに焦点を当てます。マイクロレーザーピール、週末スキンピールは、Refissaがそうすることが可能であるよりもより積極的に肌の状態を扱います。マイクロレーザ剥離が最大精度に均一化処理を確実にするためにコンピュータ誘導スキャナを使用するScitonsエルビウムレーザーを用いて行われる。それは、正確に皮膚の最も外側の層を除去し、その皮フル表皮レーザーに最小限で正確に治療ピールマイクロレーザが何かあなたはわずか数daysWhatの改善を見ることができます。しわ、傷、角化症、色素沈着の問題、全体的な太陽の損傷:手順は、個別に修正すべき問題の性質に合わせて調整されています。どのくらいの頻度で皮マイクロレーザが行われる必要があるでしょうか前述のように、一年中太陽の保護は、健康な肌への鍵となります。任意の治療だけでなく、マイクロレーザーピールの結果は、長持ちして、将来の太陽の損傷を回避する場合、より効果的になります。手順ピールOneマイクロレーザは、通常数ヶ月で十分であろうが、その後の治療が必要になることがあります。前述のように治療は一人一人にカスタマイズされています。あなたの相談の間に我々はあなたのために最善であるかを決定することができます。私は治療から何を期待できますか?スムーザー、より健康な、より活気のある肌。細い線の減退とブレンド顔色。痛みを伴う治療法であるかあなたがオフィスに行くときは、局所トリプル麻酔クリームが適用されます。このアプリケーションは、手順はかなり許容になります。その後は、表面酸素治療を持つことができます。私のアフターケアとは何ですか?私は包帯やドレッシングを着用する必要がありますか?号マイクロレーザーピールは、CO2レーザーのようなものではなく、Aquaforまたはワセリンなどの保護軟膏以上のものを必要としません。新しい上皮を(ベビーセル、新しい皮膚)に成長しながらこれが障壁として使用されます。また、今後数日間の酸素トリートメントに戻ってあなたの形成外科医のオフィスに行くことができる。あなたが見ることができるように、メスにオプションや針お肌が良く見えることがあります!あなたが任意の手順の前にあなたの形成外科医とのあなたの懸念を議論することを確認してください。検索
人気の図説
  • 健康的な食料品の買い物

    健康食料品の買い物は、健康的な食事の計画から始まります。メイヨークリニックのボトムラインを健康的な食事、私たちの食生活に織り10単純な食品に私たちを伝える:りんご、小豆、ブルーベリー、ほうれん草、ブロッコリー、サツマイモ、サーモン、小麦胚芽

  • 頭痛を軽減し、回避する方法

    誰もが一度や二度は頭痛を経験している。痛みは耐え難いほどに鈍いとズキズキから強度の範囲で指定できます。頭痛は、頭の特定の領域で、または一般的な不快感や痛みなどの発生する可能性があります。場所にもかかわらず、頭痛の痛みは、一般的に脳​​に関係

  • ハエは人間にどのような効果を持っていますか?

    ハエは人間社会に多大な正と負の効果の両方を持っています。世界にはハエの10万人以上の既知の種があり、それらはカブトムシ、蝶や蜂昆虫グループによって偶数のみです。一人で彼らの存在は、多くの場合、人々に迷惑ですが、彼らは人類に与える本当の影響は

  • 何が流体を防腐保存されていますか?維持死体の

    メソッドが数年前エジプトやギリシャの司祭数千によって開拓された。しかし、エンバーミングと動脈組織を維持し、現代の技術は博士フレデリックライス、によって17世紀後半になるまで開発されていませんでした。分解速度を遅くする任意の液体物質は、流体を

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved