日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > 三キラー腹筋運動

三キラー腹筋運動

     編集:健康

あなたのコアがすべてです。そのあなたの体の中心に、あなたの足や腕が彼らの強さを固定するために使用するもの、何があな​​たのバランス、堅牢性、強さと力を与える。それに加えて、常にプラス、または理由に関係なくあるのセットをgreathavingするとあなたがあなたのシャツをやってのけるとき見せ腹筋を波紋に見えます。もちろん、あなたがそれらを表示するためにあなたの体脂肪を燃焼する必要があるが、ここでいくつかのキラーABトレーニングは夏に向けて、これらの洗濯板は腹筋準備をしています。板の位置にプランクObliquesGet。あなたはスタンス押上に行き、あなたの前腕に下げる厥。あなたの腹筋のための優れたトレーニングがすぐそこにあることでも、分保持板を使用すると、クラゲのようにウォブリング持っていますが、ノッチの上のそれをキックするつもりだった。板から、なるように肘と膝タッチを少し右にあなたの体を回転させた後、あなたの右膝を持参し、あなたの右腕を下げる。それを保持し、3呼吸のためにコアを圧迫し、次に電源を入れ、反対側のための同じをする。本当にあなたがやけどを感じるようにそれらの腹筋をクランチ、そしてあなたが快適に感じるように多くの担当者として行う。トライアングルCrucifixAnother残忍ABエクササイズ。右にすべての道を回してもう一度位置押し上げに入る、そして、あなたのストレート左腕に自分自身をサポートし、他の場所の片足の岩下youreのように。その天井を指すまで、まっすぐにあなたの手を持ち上げて、ビートのために開催しています。その火傷を感じる?そこから、次のレベルにそれを取るために、あなたの右膝を起動して、もう一度あなたの右肘に触れる。 3呼吸のために保持した後、することができますように5月の担当者としての側面を切り替えて行う。定期的なクランチを行う準備があるかのように床の上に残忍な!キラーCrunchLie、あなたの頭の後ろに手、膝まで。同時にそのように、右肘を下げながら、あなたが床にそれをプッシュしようとしていたかのように、あなたの腹ボタンで描画し、その後、床を切っクランチが、あなたの右に引っ張って、近づくと左手よりもあなたに右膝をもたらす彼らは触れないでください。左側について、この手順を繰り返し、および代替左右に移動する。再び、3呼吸のためにそれぞれの位置を保持し、その後、別の。覚えて、あなたのコアの重要な筋肉の一つがあなたのシックスパックをフレーム長い、横の筋肉である斜、です。ちょうど彼らの腹筋に焦点を当て、彼らのコアの筋肉の残りの部分を仕事いけない人々はしばしば、すべてのコアの筋肉をうまくする必要が不均衡と弱いcoresyouで自分自身を見つける!これら三つの演習では、斜を殺すと最大にあなたのコアをテストします。それらを週に三回を試して、あなたが長くのためにそれらを保持するために懸命に働くようにして安定した利益を気づくことができるかどうかを確認します。労力、時間と献身によって、youllは思ってyouveは自分でそのハード、鉄心を開発見つける!検索
人気の図説
  • 健康的な毎日の食事を維持する方法

    ジョージ·バーナード·ショー は、食品への愛よりもsincerer愛はありませんと言ったが、ジャンクフードと不倫は後悔につながる。ブラウニーは、細胞レベルで体を補充するために必要な重要な栄養素を提供することができません。その代わりに、砂糖フ

  • スターフルーツ

    スターフルーツを食べるようにどれだけ疑問に思う食べ方?このおいしいゴレンシの樹種によって生成され、またkamranga呼ばれる果実、または5本指を楽しむために多くの方法があります。西洋料理では、最も頻繁に食用ガーニッシュとして使用されていま

  • HEPAマスクとは何ですか?

    HEPA(高効率微粒子空気)マスクは、アレルギー患者が容易に呼吸を助けるために顔に装着されています。彼らはそのような空気をフィルタリングすることによって呼吸通路に入るからほこり、花粉、カビや動物のフケなどの浮遊粒子を防ぐ。 99 ログインの

  • それは子供の肥満やその他の問題をかわすために助力でオフに支払うことができるものの、子どもたちに健全なやつとスーパーの軽食をご紹介キッズ

    のための健康的なトリーツ&スーパースナックは、時間がかかる場合があります。米国農務省によると、太りすぎの子供は、睡眠時無呼吸、心臓病、2型​​糖尿病、小児期とその後の人生での癌のいくつかのタイプを含む、健康上の問題を開発の大きなチャンスを持

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved