日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > アルコール消費量と個人の健康

アルコール消費量と個人の健康

     編集:健康

あなたはワインを飲む、特に赤ワインは、健康上の利点の広い範囲に関連付けられていることをご存知ですか?ワインを飲むに関連付けられているメリットの多くは、赤ブドウの皮に含まれていますレスベラトロール、抗酸化物質として知られての結果である。抗酸化物質は、アンチエイジング効果があり、また心に適しています。赤ワインはまた、腎臓結石、卵巣癌、および脳卒中の発生率を低減することができる。赤ワインを飲むと、それによってポリフェノール化合物の存在を介して、彼の心臓病のリスクを低減、LDL(悪い)コレステロール産生の減少と関連している。研究者たちはフランスで心臓発作の発生率が低いが、その国のワインの人気に関連しているかもしれないと信じています。過去には、それが唯一の赤ワインは、いくつかの健康上の利点を開催しましたことを信じて、まだ最近の研究では、白ワインはまた、いくつかの健康上の利点を持つことができることを示唆した。いくつかの研究でも、白または赤ワインの適度な摂取量は、彼らが提供する健康上の利点のためにできるだけ多くの5つの年で平均寿命を高めることができることを発見した。しかし、ワインはビールや他の精霊のようなものがいない健康上の利点に関連付けられている唯一のアルコール飲料であることに留意すべき。バランスのとれた健康的な食事を組み込んだ場合には、適度にワインを飲むには、あなたの健康の利益になる。彼らキーワード節度があります。ほとんどの男性は、ワインの2つ以下のメガネ毎日に自分自身を制限する必要がありますし、女性が1ガラスの後に停止する必要があります。 (ワインのガラスは、約5オンスのように定義される)。これは1〜2杯、一日の平均ではないことに注意してください。あなたは一日にワインの10のガラスを飲んで、週の残りのためにそれを回避し、時間をかけても、すべてを持っていることができるとは思わない。それは、それがどのように動作するかではありません。健康上の利点は、次の場合を排除し、あなたが必要以上に消費したときにされています。週を通して時折飲むことはあなたの健康に害を与えてはならず、実際にはあなたの心のために有益であることができますが、それでも毎週数日間アルコール無料で宿泊することを目指すべきである。でも、ドリンクの潜在的な健康上の利点を認める人も飲酒のルーチンに落下すると危険なことと認識しています。それはあなただけでも、ワインの1つまたは2つのメガネをした後、運転するべきではないことを認識することも重要である。最後に、毎日が問題になることができますかかるアルコールは言うまでもない。多くの人が誤って飲用に問題のある人だけが毎晩バーから出てずらすと毎日二日酔いで目を覚ますものであることを前提としています。それは必ずしも真ではありません。あなたは週のほとんどの夜を飲むまたは頻繁に飲みながら、2つまたは3つ以上の飲み物を持っている場合は、アルコール依存症の問題がある可能性があります。可能な負の健康への影響に加えて、この種の動作は非常に簡単に、法律とのトラブルにあなたを得ることができます。自分自身今までに飲んでないと駆動決してでDUIの弁護士を雇うことの手間を省く。 0の法的限界の下で泊まる人でも。 08の影響下での運転で逮捕することができ、トラブルのそれらを得るのを助けるためにDUIの弁護士が必要になります。検索
人気の図説
  • 健康栄養の選択肢を作るキッズ

    のため健康的なスナックの選択は、親が子どものためにできる最も重要なものの一つです。悪い食習慣は子供たちが年を取るにつれて破るのが困難なので、あなたの子供は果物、野菜、全粒穀物を愛する健康的な代替案と教育子供のためのジャンクフードを交換するこ

  • 頭皮乾癬

    乾癬の自然療法の原因には赤やピンクの色の斑点やパッチによって特徴付けられる慢性的、定期的な皮膚病です。個々のケースでは、患者が病気を認識しないので、軽度のかもしれません。いくつかのケースでは、被害者が自己意識があるので、厳しい外の症状を持っ

  • 糖尿病は、米国糖尿病協会によると

    を食べることができないもの、糖尿病、26万人のアメリカ人があります。あなたは食品を避けるために、正確に何を知っているときに糖尿病とうまく生活は簡単にすることができます。非常に多くの食品は健康にguisedと、それは何か、何を食べても寛容では

  • オンゴー昼食

    用健康食品のアイデア時には時間昼休みを取っては貴重な時間の無駄と考えることができるように忙しいです。迅速に調製することができる食品のほとんどは脂肪、不健康なファーストフードのオプションがありますので、このライフスタイルは、特に誰かの食事のた

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved