日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > 減量

減量

     編集:健康

多くの人々のトップの利点は、自分の肌で快適に取得したいと思います。このように、彼らは本当にそれらの余分ポンドを失うことを気にいけない。 1:しかし、ityouで既にyoureの、肥満またはoverweightor、より悪いことの境界線にyoureの場合は真剣に、次の理由により、これらの不要な脂肪を除去することを検討する必要があります。肥満は深刻な病気の様々な種類につながることができます。その肥満は今や心血管疾患、関節炎、さら​​には糖尿病の主な危険因子として考えられている知っていますか?心血管疾患は現在、世界中の死亡の主要な原因である。簡単に言えば、肥満のyoureの場合は、喫煙やアルコールをしないyoureの場合は、独自のlifeevenの短縮に非常になりやすいです。 2。あなたは、癌の影響を受けやすくすることができる。だから多くの人々がここでビッグCの怖がっている理由です。後の段階でyoureのまではまず、病気の一部は診断されません。例えば、大腸癌を取る。すでにあなたが唯一、病気を治すではなく、拡張することを意味し、ステージ4、にyoureのない限り、あなたはそれを持っていることを知っていることはないだろう。第二に、癌治療のために限られたオプションがあります。それらを持っている人のかなりの部分は、まだ死ぬ。太りすぎの女性はこのような卵巣、結腸、乳房、および胆嚢癌の特定の種類になりやすいです。男性は、他の一方で、前立腺や直腸癌を開発することができます。 3。肥満は、あなたが睡眠時無呼吸症候群に苦しむことができます。睡眠時無呼吸のさまざまな形態があり、それらのすべてが真剣に取られるべきである。それらは、非呼吸の短い期間につながることができるからである。脳は十分な酸素を獲得することができない場合には、恒久的な問題を被ることができる。また、心不全につながることができます。肥満は、しかし、人は無呼吸睡眠に苦しむことができる理由をリードする理由の一つです。 4。あなたは、生殖能力を高めることができる。肥満は、多嚢胞性卵巣症候群またはPCOS、妊娠からそれらを妨げる障害の主要な原因の一つであると考えられている。卵胞が成熟すると、精子細胞で受精する機会を与えられていなかったためです。 5。あなたが移動するより多くの自由を持つことができます。過体重または肥満の人が、定住になる傾向がある。精力的な活動は、常に非常に疲れるだろう。それは呼吸と筋肉の痛みの息切れを引き起こす可能性があります。 6。あなたの不安を手放すことになります。あなたがそれを好きかどうかにかかわらず、人々はすでにそれが何が良いはず、何すべきでないことになる標準を開発しました。脂肪であることが知られている人々はしばしば彼らが不況に陥ること、からかうと揶揄を受ける。それらのいくつかは、特定のジョブに受け入れ、彼らは単にストラットと他の人が彼らの物理的な属性を見下しという理由だけで自分自身を誇りに思うことができますされていません。したがって、重量を失うことで、道に沿って失われた可能性があることを自信を取り戻すことができます。それはハードルを乗り越えると、あなたは、それが世界と競争するために必要なものを持っていることを知っているので、他の人々の目をまっすぐに見て、より多くの準備になります。検索
人気の図説
  • 健康食品の製品の特性

    健康食品のリストは、個人が一日を通してよく実行することができ、品質の栄養を提供します。職場や運動中かどうか、彼女の組織、筋肉、神経、細胞、器官は恩恵を受け続ける。彼女は実際に食べる食品は身体を養うため、彼女はどちらの低迷も疲れた感じ。天然成

  • ドルフィン&ネズミイルカダイエット

    、インテリジェント優雅で魅力的な海洋哺乳類、イルカの30以上の種とイルカの8種は、現在世界の海を泳ぐ。おなじみの、笑顔バンドウイルカから誤解を招くというシャチに、これらの生物の多様性は驚くほどされています。しかし、大きさ、気質と生息地の違い

  • トゥー·マッチポップコーン

    ポップコーンの効果は、全粒食品、繊維の良い源と食べると平野である本質的に健康食品です。ほとんど何の過剰な量を食べること長期間にわたって欠点と消費すぎるポップコーンが否定的にあなたの健康に影響を及ぼす可能性がある。配慮を必要とする要因は準備を

  • キッズ

    朝食のために栄養価の高い朝食のアイデアは、それが燃料のエネルギーを、彼らは一日に良いスタートを得ることができるので、なぜなら子供のための重要な食事です。このような七面鳥ベーコンや卵などのイチゴやメロンなど他の栄養密度の高い食品としてタンパク

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved