日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > 日焼け止めを使用すると、

日焼け止めを使用すると、

     編集:健康

お肌がある意味で、あなたの最も重要な部分である健康な肌を維持するために重要です。輝く、美しい肌は常に魅力的であり、ほとんどの人は任意の日でもそれを持って殺す。栄養士や専門家は一貫してお肌の良い世話をして助言する。研究が自分の肌を無視し、自分の体のこの重要な部分については全く平然としている人々は、しばしば後の対応よりも、彼らは年齢などの速い上にそれを後悔してもらうことが示されている。皮膚が世話をし、それが一貫して我々はすべてのように願望その永遠の品質を提供するように維持することができる、それを介して様々な方法があります。別にスケールや乾燥から肌を保護するために保湿剤を使用してから、ディープクレンジングや洗剤、スキンケアの専門家や栄養士は、しばしば低い取ら脂肪食品の量は、果物はまた、私たちの日常の食生活の重要な一部としてお勧めしますことをお勧めします。果物は、抗酸化物質が含まれているため、体がより多くのそれを処理する傾向があり、ほとんど、あるいはまったく脂肪性沈着物があります。注意すべきもう一つの重要なヒントは、太陽の下で過ごした時間の量を減らしている。誰もがビーチや日焼けに行きたいのを夏の間、それは正常です。人々は頻繁に日焼けローションやクリームを買う。夏の間に使用されるもう一つの重要なスキンプロテクターは、日焼け止めローションです。日焼け止めローションとクリームは基本的に皮膚癌を引き起こす可能性が紫外線の直接の接触からお肌を防ぎます。実際には、FDAによると、千10人以上の人々は、毎年皮膚癌で死亡。皮膚癌は、太陽のすぐ極端な曝露によって引き起こされないが、記録された死亡者の総数の70%にわたって皮膚癌の結果である。日焼け止めの任意のフォームを使用せずに太陽に身をさらす人々はメラノーマを開発し、より速く老化の危険にさらされている。 1998年と2000年にがんを持っていた人々の数の間に見積もりは、10年の期間の間、皮膚癌と診断された人々の数は50%以上、この六十七%と外で増加していた関連黒色腫であることが示された太陽に増加暴露によって引き起こさケース。紫外線の直接の影響から肌を保護することは、完全に服を着てきSPF 15を含む日焼け止めローションを適用することがあります。これは素晴らしい作品と15分でも太陽に出て浸漬する前に適用する必要があります。あなたは保湿剤を使用する必要がある場合は、日焼け止め保湿剤を適用する前に、基礎を確認します。クリームやローションを日焼けすると、日焼けし得ることからあなたを守ることができますが、それは皮膚癌からと露出オーバーあなたを守り日焼け止めとして機能しないことができることを知っていることが重要です。日焼け止めはほとんど夏の間多くの人々によって適用されているが、賢い人々が一年中それを適用。彼らはそれが晴れていないと、温度が灼熱されていない場合でも、ことを知っているように、彼らは彼らの顔や老化の兆候にしわを除去し、衰退を助けるためにそれを使用する必要があります。検索
人気の図説
  • 健康

    健康的な食事を食べることの利点は、個人的な選択のまま。それは私たち一人一人が利用できる明確な利点を持っています。幸福の豊富な感覚、高いエネルギーレベル、感情的な整合性、シャープ、アラート心と体力は誰でもすることによって達成することができる。

  • 子供のための

    昼食と朝食アイデアのリストは、フルタイムのシェフのように感じることなく、あなたの子供食欲をそそる朝食とランチを養う。昼食のために朝食やピーナッツバターとゼリーのために冷たい穀物がルーチンになると、台所でいくつかの新しいアイデアを調理する時間

  • コヨーテを怖がらせるためにどのように

    コヨーテは、ハワイを除いて、米国で発見されています。彼らは通常、人間との相互作用を回避する。しかし、コヨーテは、食品が関与している人の周りに快適になることができ、それらは時々栄養を求めて郊外を侵害。コヨーテは、ごみからあなたのペットに至るま

  • あなたはガスを持っている場合どのような果物や野菜を食べることを知ることによるガス

    下げる消化不快感や恥ずかしさを持っている場合食べに何フルーツ&野菜。豆、エンドウ豆、多くの果物のような産ガス不溶性繊維の高い食品を避ける。いずれにしても、ガスは消化の副産物が自然である。アメリカ栄養士協会によると、 ほとんどの人は約1〜4パ

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved