日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > 中国料理

中国料理

     編集:健康

を楽しみながら、健康的な食事を維持し、この記事の目的は、正しく行われたときに外食すると健康になることができる方法を説明することです。この記事では、私はあなたのお気に入りの中華料理店で外食しても健康的な食生活を維持することができる方法を説明しようとします。あなたがより多くを学ぶためにWANの場合読んでください!に応じてどのようなご注文の際に外にお気に入りの中華料理店では、あなたは健康的な低カロリーの食事を得ることができたり、巨大なカロリーの悪夢に巻くことができます。このようなレストランの食品は一般的に非常に無駄のない、または非常に脂肪です。一般的に言って、このようなアヒル、スペアリブやポークなどの中華料理店でのタンパク質食品は非常に脂肪です。しかし、そのような場所は、通常、鶏肉、エビ、牛肉などの赤身の製品を持っている。中国のレストランでは食品の多くは揚げです。正直に言うと、健康的に表示されてもアイテムはとても健康的ではありません。シンプルな炒め物の多くの野菜が熱い油の代わりに水で湯通しされています。でも、炒め炒め料理自体は脂肪​​油の驚くほど大量に含むことができます。中華レストランを外食するとき健康的な食事への鍵は、中国人がやり方を食べることです。たとえば、米は食事の目玉で、ダイナースは巨大なディナープレートや大皿から、自分たちの小さなライスボウルから食べない。肉と野菜は(通常時かま)料理を提供するから選択され、米のボウルに加えた後、ご飯と一緒に食べて。これはfattier食品の摂取量を制限します。中華料理店ながら健康的な食事をするには、このような豆腐(揚げていない)、魚、エビ、そしてホタテなどの複数のアイテムを食べるようにしてください。料理のこれらのタイプは、一般的に他より少ない脂肪である。揚げものとは対照的に、ホット&スパイシーな料理はあなたのためにも優れています。焼けるように暑いプラッタを務めた食品は、通常、食事を焼いたり、揚げの代わりに焙煎されていることを良い兆候です。これは良いことです!また、あなたの野菜のことを忘れないでください!あなたは、蒸し野菜と間違って行くことはできません!など打者揚げ物などの食品から離れて滞在すると、お気に入りの中華料理店で健康しばらく食べに向けて長い道のりを行く。パン粉や揚げ物も明確な非がないです。あなたはそう食べるように誘惑されているテーブル上にクリスピー麺があるように甘酸っぱい料理は脂肪で、一般的に高くなっています。あなたが二回調理皿にしている場合、私は悪いニュースを持っている。二回調理料理が出て食べながら健康的な食事しようとしている人のためではありません。それらから離れて滞在。あなたが見ることができるように、あなたの健康的な食生活を維持しながら、あなたの好きな中国のレストランで食事を楽しむことができる方法は確かにありま​​す。あなたが賢明に選択する必要があるので、しかし、そのような場所が落とし穴がロードされます。一日の終わりには、ノンフライドシーフード、チキン、ビーフから成る料理を楽しんで移動するための方法です。あなたのお気に入りの中華料理店を楽しみながら揚げ油性食品の明確な操縦することで、健康的な食生活を維持することができます。検索
人気の図説
  • 乾癬条件

    乾癬の種類は、皮膚細胞のライフサイクルが速すぎる起こっているときに発生する皮膚の状態です。私たちの体は、新しいものを作成しながら、すべての人の皮膚細胞は死ぬ。通常、このサイクルは顕著ではありません。ただし、プロセスが(それは乾癬の場合と同様

  • バターポップコーン

    バターポップコーンの危険性は、特にそれが暖かく、新たにカートンに飛び出してくるの映画では、人気のスナックです。バターを添加することなく、ポップコーンも驚くほど充填の低脂肪、低カロリーのおやつです。バターを追加すると、それがおいしく、トウモロ

  • 健康手段食品群のそれぞれの適切な量を取得し、甘い、肥育、過剰加工や揚げ物を避けて食べるジャンク

    を食べるのではなく健康的な食べ方。各食品群のために必要な推奨される毎日の金額は、2カップフルーツ、2 1/2カップの野菜、6オンスである。穀物、5 1/2オンスタンパク質(このカテゴリは、肉、鶏肉、魚、卵、豆、ナッツ類を含む)、3カップ牛乳

  • 子供

    アメリカ人のための安全な食事は肥満の危険性を聞いたことがあります。多くの医療専門家は、流行のダイエットや低カロリーのダイエットに対して警告と両方を回避をお勧めします。 KidsHealthによると、 子供たちは通常、このようにダイエットする

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved