日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > 小児の自閉症の主なケースは何ですか?

小児の自閉症の主なケースは何ですか?

     編集:健康

この脳の発達障害は、主に一般的に非常に若い年齢の子供たちの間で、激しい社会的コミュニケーションとの相互作用によって特徴付けられる。兆候を示すことが知られてきた古い数ヶ月の幼い幼児として表示するための自​​閉症のための特定の年齢の範囲はありませんが、この疾患の通常の外観は一般的に1〜5年の範囲内で子どもたちが関与して、そこから展開していきます。自閉症の主な原因の一つは、非常に遺伝子システムは世代から世代へと自閉性障害を複製することができることを意味し、強い遺伝的な場合、にリンクされています。遺伝自閉症はまだ脳の発達障害の科学の非常に灰色の領域ですが、それは可能かもしれないことを示唆する十分な証拠があった。それが最初の場所で、これらの先天性欠損症を引き起こす非常にエージェントにトレースされる幼児、の特定の先天性欠損症に寄与することができ、さらにまれで、自閉症になるとこれが原因の最も稀ではありません。自閉症は、それらの存在によって引き起こされるかもしれないことができるという事実を指していない証拠の最近の侵入があったものの予防接種のような型破りな原因薬剤と吸入乱用などの危険なものから、先天性欠損症の背後にある科学は、まだかなりかすんで女性の妊娠段階。この疾患の通常の有病率は、それが女の子であることを少年に表示する現象が4倍以上の可能性がそこに毎年千人ごとに6つの同じ大きさの数にさかのぼることができます。自閉症の背後にある遺伝子理論についての詳細を言えば、自閉症は、多重遺伝子相互作用と遺伝子プール内の珍しい突然変異の出現の積で説明し、直接などの合理化できるという移動信念があります。この理論では、ダウンして科学的な議論にはもちろんあるか異なる。典型的には、メンデルの突然変異に戻って導くことができません。また、染色体の中で、単一の異常にまで遡ることができます。現象は、より典型的には遺伝子置換の球体内に配置することができる減数分裂時の遺伝子情報の削除または上書きによって定義される。だから、それが戻って自閉症に関連する遺伝子理論の地域とどのようには、時には非常に不明確であり、ほとんどは、遺伝的変異と自閉症の普及理論に同意しない。催奇形、欠陥を引き起こす非常にエージェントが、子どもたちに、ポスト出生自閉症とは何かを持っていることを示唆している物理的な証拠があるとして、先天性欠損症の場合には、科学はやや強く、サポートされています。いずれかの障害の生成に寄与するように見える剤および環境条件の一部は、食品、感染症、排出ガス、プリント基板、重金属及びプラスチックの特定の種類の特定の種類を含む。直接の原因を追跡するのアリーナは、科学的な専門用語や誤解、しばしば相反する理論のかなりジャングルことができますが、より多くの研究は、それに配置されているように、より多くの光は、自閉症の問題に流されます。検索
人気の図説
  • よく知られているの脳ホルモンとしてマウスにおけるドーパミン受容体&肺疾患ドーパミンの

    機能は、しかし、肺や腎臓にその本質的な役割は、いくつかの数十年前の研究では、ドーパミンが肺癌の増殖や肺疾患を阻害することが実証され見過ごされている、と免疫システムが向上させます。専門家の洞察Zazzle.co.jpからマウスの遺伝コードは、

  • ヒトの健​​康への食品を盛り付けの影響

    アクティブ、忙しい人々はしばしば迅速な食事や軽食のために処理された、すぐに食べられる食品に向ける。一部プレパック食品は不健康ではないにもかかわらず、ABCニュースの記事によると、ほとんどは肥満、心臓病と全体貧しい健康に貢献成分を持っている。

  • あなたはアスリート方やジャストフィット保つためにワークアウトする場合

    を鍛える一方で健康な食べ方、右の食品を食べると、あなたのエネルギーを増加します。あなたが食べるものは、あなたがトレーニング中に、その日の残りのためにどのように感じるかを決定します。間違った食品を食べることだけでエネルギーレベルを攻撃しません

  • 売れ残り紅茶キノコキノコ

    紅茶キノコの用途は、自然食品の愛好家は、ブーストの体力、知力、免疫系と長寿を言う人気の発酵茶飲料です。これは、店舗で購入しましたが、自宅でそれを作る人のために、彼らは(真菌ではありません) 、キノコ紅茶キノコで始まる、または交互に母親やスタ

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved