日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > どのように鼻ネブライザーあなたの副鼻腔炎を助けることができる?

どのように鼻ネブライザーあなたの副鼻腔炎を助けることができる?

     編集:健康

あなたは副鼻腔炎や副鼻腔感染症に苦しんでいますか?あなたは、経口抗生物質や点滴治療に反応しないでください、またはそれらを容認することはできません?あなたは、副鼻腔手術に開くかもまだ手術後洞の問題を受けないのですか?鼻ネブライザーは、解決策になることができますので、あなたは再びあなたの副鼻腔の問題を緩和することができる。基本的には、鼻ネブライザーは薬が患者に到達するための別の手段である。それは、患者が簡単に薬で呼吸できるように、圧縮空気と薬を混合してミストや蒸気に薬を変換する機械である。鼻ネブライザーとは何ですか?鼻ネブライザーはされて副鼻腔炎や副鼻腔の感染症のための非侵襲的および非外科処置具。これは液体になり、デバイスは(つまり抗生物質)薬をインチ呼吸する患者のための微細な霧や蒸気に簡単に鼻と副鼻腔を入力することができ、非常に小さな粒子に変換されます。ネブライザーは、最適な大きさ、濃度と副鼻腔が必要とする圧力にある薬の粒子を放出する。これらの粒子は、直接感染洞エリアに到達し、洞通路に侵入することができます。それは、ソースにおける感染と戦うため従って、治療はより速く、より効果的である。鼻ネブライザーは医師によってあなたに処方される薬を使用しています。これらのデバイスは、ちょうど別の、より効果的な方法であなたの薬に取るためのオプションを与える。この治療法を使用する患者は、経口薬を取る人とは対照的に、副作用なしに少しと速く、より良い結果を持っていた。鼻ネブライザーを使用する利点は何ですか?研究は鼻ネブライザーを使用しても安全であることを確認し、副作用なしに少しを持っています。あなたの医者によって規定されている彼らは、正確な投薬量や投薬の量を管理します。薬剤は非常に小さな粒子に変換されるので、あなたの副鼻腔の問題の原因を攻撃し、このようにして患部に直接接触している。患者は噴霧療法/治療を行った後、すぐに結果を期待することができます。薬や抗生物質のいずれかのタイプがあなたの医師の処方に応じて噴霧することができます。鼻ネブライザーは、最近多くの人気が高まっている。彼らはだけでなく、病院で使用されている - どんな患者が今所有し、自分の家の快適さで、これらを操作することができます。患者は、オフィスや他の場所でそれらを使用することができるような技術の出現により、鼻ネブライザーが小さく、ポータブルである。彼らはまた、ユーザーフレンドリーであり、すべての年齢層の患者に使用することができます。高齢者の患者が吸入器に比べて噴霧器を保持している苦労を持っていないでしょう。彼らは、特に吸入器を使用する方法を学習が困難な人のために、また子供のために良いです。さらに、吸入器は、子どもたちが行うためには難しいかもしれ吸入技術を必要とします。ネブライザーで、彼らはただで呼吸し、正常に呼吸する必要があります。それは快適と鼻のネブライザーを使用する簡単です。噴霧治療を投与するだけで数分かかります。ネブライザーも扱いやすく、お手入れが簡単。鼻ネブライザーの利点については、こちらをご覧ください。これについてのあなたの医師に相談する。また、治療のこのフォームを提供している会社の詳細については、インターネットをチェックすることができます。検索
人気の図説
  • 脂肪カットするための最良の食品は食事の選択肢を、脂肪をカットする秘訣は代謝を高める食品を選ぶことです。 WebMDのによると、代謝が 唯一の燃料に食べ物を変換するだけでなく、あなたがその燃料を燃やす方法効率的に影響を与えないホルモンや酵素の

  • 金属の味

    メタル風味を引き起こすハーブは、世界のすべての地域からの男性、女性と子どもに表示され、少しうるさいから極めて厄介に及ぶことができます。彼らは通常無害です。いくつかの理由は、口の中の金属味の経験を説明できる。いくつかは、歯科充填、妊娠の初期症

  • ウジ

    ウジの用途は様々なフライ種の幼虫の段階である。ハエは、肉に卵や他の食糧供給を置き、一日の後に、これらの卵が五から七日間餌幼虫に孵化。そして、彼らは2週間続く非給餌蛹の段階に達する。蛹の段階の後、彼らは約5日で産卵開始成虫になる。ウジが病気を

  • 健康栄養の選択肢を作るキッズ

    のため健康的なスナックの選択は、親が子どものためにできる最も重要なものの一つです。悪い食習慣は子供たちが年を取るにつれて破るのが困難なので、あなたの子供は果物、野菜、全粒穀物を愛する健康的な代替案と教育子供のためのジャンクフードを交換するこ

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved