日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > 男性更年期:原因とどのようにそれに対処するために

男性更年期:原因とどのようにそれに対処するために

     編集:健康

我々は、女性が直面している更年期障害と呼ばれる状態、遭遇した。男性に来て、男性更年期と呼ばれる対応する条件もあります。具体的には、それはまた、性機能亢進症テストステロンが低下すると呼ばれるホルモンの産生のレベルを前記条件と呼ばれる。この条件も男性更年期にまで対処するためのヒントについての詳細を知るために、以下の内容を通過してください。私たちは、更年期は男に性的フィクションの落下であるのに対し、閉経と呼ばれる状態は、子供を持つか、ベアリングの能力を削除されることを知っています。ここでは、睾丸は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの生産量が減少し、これは基本的にここで起こっているものです。女性のエストロゲンは、いくつかの健康上の問題から彼女を保護し、これは男の私の場合と同じです。電子。 testosteronesは骨折や心臓発作など様々な健康上の問題から彼を保護します。一般に、男性更年期は、男性の性的ドライブの損失とみなすことができ、それは通常、老化のプロセスに関連付けられている。全く朝の勃起同様性欲減退はほとんど更年期の症状に苦しんでいる人々が経験した天然のインポテンスのためのいくつかの一般的な兆候はありません。彼の性欲減退、無朝の勃起はAndropausal男性が経験した自然のインポテンスの兆候である。この条件に苦しんで、男性のほとんどは、非常に落ち込んで、パッシブ状態に悪化することに気づいている。この条件によって引き起こされるいくつかの主要な症状はメモリ失敗、全身倦怠感、bitchiness(過敏)などのようなものであるその後、患者はさらに増加し​​、コレステロールのようないくつかの他の症状は、高血圧、皮膚の萎縮を、直面するだろう、痔を腹部の脂肪を増加させ、静脈瘤や動脈硬化等のすべてのこれらの条件は、テストステロンの損失に起因している。さて、更年期の状態に苦しんですべての患者のために、ここで良いニュースは、多くは絶対に可逆的であり、すべてのことが必要では、テストステロン補充のいくつかのフォームです。それは、真剣によく資格医師の指導なしテストステロン補充の任意のフォームを試みないことをお勧めします。男性の何千もは、すでに一つまたはテストステロン補充の他のフォームの助けを借りて、この状態を克服することに成功してきました。あなたは、一般的に人間の中間または老齢中に行われテストステロン補充療法と呼ばれる治療法が存在するという事実を知っているであろう。この治療の目的は、自然maturating結果を未然に当然であり、それによって更年期の状態を克服する。一方で、活動的な生活を実行します。i。電子。定期的な演習と適切な食事との生活は、テストステロンの生産量を調節するために十分以上と言われています。例えば、DHEAのようないくつかのテストステロンのサプリメントも、この条件に対処するための安全かつ効果的であると言われている。それは様々な医師は現在、多くの便利なメソッドによってテストステロン補充を採用していることを見て素晴らしいです。 1このような方法を考えると確かに患者は更年期にまで対処するのに役立ちます。検索
人気の図説
  • 方法:高速健康的な朝食のアイデア

    朝食は本当に一日の最も重要な食事ですが、あなたは私たちのほとんどのようにしている場合は、子供たちは着替えの間に急いで自分自身を見つける、犬飼育、ドアとオフ出朝の仕事、それはベーコン、卵、ビスケットとグレービーずにだ。するそのドーナツのために

  • 脂肪を減少させるために脂肪

    最高の食品を減らすための食品は血糖値に素早く上昇を起こさない食品であり、代謝をスピードアップするための化学的性質を持っている。低グリセミック指数食品である食品は、あなたの体はより多くの脂肪を燃やす助けることによって運動の利点を高める。低血糖

  • コンポジットレジントレイを設定する方法

    コンポジットレジン、歯の色の詰め物に使用されます。それは適切に充填にそれを指示するために複合銃に置かcarpulesにある柔らかい、puttylike素材です。紫外光源は、それが歯科医でバリとディスクでダウンして仕上げることができるように、

  • 通常のメス馬テストステロンのレベル

    テストステロンは、我々は主要な男性ホルモンとして認識するホルモンですが、それはまた、雌の哺乳類に存在する。馬の女性、または牝馬の場合は、妊娠していない牝馬の正常なテストステロンレベルは、血清のmillileter当たり45ピコグラム以下であ

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved