日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > りんごの健康上の利点は、

りんごの健康上の利点は、

     編集:健康

リンゴの日は医者を遠ざけるでしょう。私は、我々は、VEすべてその古い格言を聞いた確かメートル、それのどの真実があるのでしょうか?善のために医者を保つように多分同じくらいではないが、あなたの日常生活の一部としてそれらを含むように十分な理由を食べると消費リンゴとアップル製品作るいくつかの健康的な利点があるのは間違いない。我々はすべてのりんごがあまりにも多くの砂糖及び/又はその塩とお菓子やチップのことのような他のあまり良くない食品に代わる健康、であることを子どもたちに教えて再。あまりにりんごのためにこのプッシュの背後にあり、SA良い理由:子供が活発であり、その活動のためのより多くの酸素を使用し、りんごだけ肺と心臓の健康をサポートしていないが、彼らは大幅にすべての年齢層の人々のための喘息のリスクを下げることができます。あなたが消費する各Appleは特にそのリンゴに特別なフラボノイドが含まれており、酸化防止剤および繊維と組み合わせて、あなたもそれを知らずにあなたの肺と体を強化!そして、心臓の健康といえば、りんごがあなたの体を保護することを知っていた再私たちの心血管系に関連する酸素関連の問題から?彼らは確信してやる!リンゴは毎日私たちの心を通る血液のガロンのポンプ数千人を支援するために必要とされる抗酸化物質の負荷が含まれています。私たちの心ドンtは、血液が正常に循環しているなら、私たちは呼吸と生きることが必要である血流が付属して酸素を失う。健康な抗酸化物質のほとんどは、リンゴの皮にあるので、ドンtは自動的に食べる前にすぐにそれをはがし。そのクランチを味わうと、自分を守る!あなたも毎日消費している場合りんごは癌の特定の種類のリスクを下げることができることをご存知でしたか?彼らは確信してすることができます!実際、リンゴの毎日の果物の消費の一部になるとき肺がんのリスクが特に低下することが証明されsである。本研究では、かなり初期の段階ではまだですが、りんご、胸や大腸などのがんを食べるときには、がんのリスクの他のタイプのように見えるSをも大幅に削減されます。食べる!誰も、なぜ彼らの利点を最大限にりんごを使用しないで、痛みを伴う副作用とこれらの癌の被害を受けたいですか?この情報wasnトンのすべてが十分なリンゴ繊維、抗酸化物質と癌の戦いの素晴らしい源です説得する場合リンゴは朝に目を覚ますにもカフェインよりも優れている:あなたの体のためのエージェントは、この点を考慮!彼らはカフェインが自分自身を含んでいないが、彼らはあなたの体が目を覚まして、アラートを感じる必要があるブドウ糖が含まれております。彼らはまた、果実当たりの炭水化物の約20グラムが含まれていなく、かなりキャンディーバー、または甘いホットチョコレートのカップと同じ量Sその一方、それはあなたの細胞を後押しするのに十分じゃその店とプロセスエネルギー、アラート感じることと日々直面する準備ができました。あなたは少しは私を拾う必要があるなら、彼らは、半ば午後のおやつにも偉大な再。りんごは、ちょうどあなたの体を強化し、自分自身について良い感じするのに最適な方法です。果物、ジュースやソース、自分自身にいくつかのりんごを取得し、良い一日を過ごす!検索
人気の図説
  • どのようにあなたの鼻を片付けるために

    ぬいぐるみアップ、鼻水を持つことは明らかに不愉快な経験をすることができます、そしてあなたはあなたが速く、それをクリアするために熱心よりおそらくよりだ、この条件によって影響されている場合。詰まった鼻は、それが困難、呼吸話と味食品にすることがで

  • あなたは

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のCOPDが​​あるかどうかを確認する方法気道に影響を与え、それが困難な呼吸をする3つの主要な肺疾患で構成されています:慢性気管支炎、肺気腫、慢性喘息性気管支炎。これらの条件は、時間の経過とともに被害気道を、正し

  • 胃バグ

    胃のバグやウイルス性胃腸炎を回避する方法、下痢、吐き気、嘔吐、他のインフルエンザのような症状で、その結果、あなたの腸に影響を与えます。胃腸炎での結果はロタウイルスとnovovirusが含まれていることを一般的なウイルス。 novovirus

  • グルテンフリーの朝食のアイデア

    医師や栄養士は、医療の条件のいくつかの種類の治療薬として、小麦製品と小麦グルテンの無料の食事をお勧めします。グルテンフリーダイエット個人は小麦グルテンやリスクのわずかな痕跡は非常に病気になるとすべての製品を食べることを控えなければならない、

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved