日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > デンタルケアの新戦士歯医者いただきましたを掲載していません?歯科の

デンタルケアの新戦士歯医者いただきましたを掲載していません?歯科の

     編集:健康

分野は急速にコンピュータの強化、レーザービーム科学、新たな技術革新や発明によって促進も含めた技術をフルに活用し、過去数十年の中で進んでいる。歯科として前進前進少ない痛みや不快感の患者のため、速く修復、歯と歯茎の疾患の予防または交換または修復するための複数のオプションに変換歯科処置を改善するための手順になりますので、大きな受益者は、もちろん、歯科患者である。一つの新しいツールは、歯科医療業界では、すでにあなたの歯科医のオフィスで経験しているかもしれないシンプルなものです。それはかなり簡単ですが、しかし、新しい空気摩耗スタイルドリルは非常に洗練された結果を提供しています。エア摩耗ではなく、粉末状のグリットの小さな粒子を含む空気の濃縮スプレーを撮影昔ながら高速歯科用ドリルに代わるものです。患者は、従来のドリル歯に対するうなり、それに対して振動し、空気摩耗ドリルが金属燃焼臭いを持っていないときに感じられる衝撃波のどれを感じません。アブレーション法は、小さな空洞のように初期段階である減衰を治療するための非常に良好であり、それはまた、安全かつ効果的にほとんどまたは全く麻酔薬や鎮痛剤と一緒に使用することができる。あなたの歯科医が虫歯を除去するために手にしても、より集中ツールを取得したい場合、彼または彼女は今では便利な歯科レーザーをつかむことができます。これらのデバイスは、顕著ではないサイファイ映画に見られるものとは異なり、レーザー光の強烈なビームを集中し、そのレーザービームが減衰をフォーカスされたとき、それは正確に、迅速にそれを取り外してから、不要な違和感なくできます。彼らは感染を殺すと同じ付近である健康な組織を危険にさらすことなく、損傷した組織を除去するために、感染した組織を標的とすることができますので、これらの歯科用レーザーはまた、歯周病や歯周病の治療に非常に役立ちます。もちろん、虫歯のような歯の問題をスポッティングするX線の助けを借りて、はるかに簡単に作られ、新しいコンピュータ駆動X線技術は、簡単にX線を取るようになり、店舗や画像を転送し、簡単にのためにそれらを拡大したり、それらをプリントアウトされます鑑賞と分析。歯科医は、時間を節約し、あなたが開発される従来のX線フィルムを待つのではなく、すぐに結果を得ることができた、X線を行ってからほぼすぐに、それらを処理することができます。歯科医はあなたの口の中を撮影した後、患者の前に、コンピュータのモニタ画面右側に画像を置くように、市場での歯科カメラの新しいタイプもあります。歯科衛生士の歯科医は、手順を説明したり、歯と歯茎の問題箇所(または健康領域)を指摘し、これらの写真を使用することができます、そして、彼らはまた、彼らは掃除や他の治療法を実行としてそれらを手助けするためにそこにディスプレイ上の写真を残すことができます。歯科治療で最高の新しいアイテムの一つは、巧みにかつ正確に、交換用の歯または歯冠を彫るロボットデバイスです。歯科医は例えば製クラウンを持っているが、今、彼らはロボットのマシンで1時間かそこら以内に、オフィスで作られたこれらを持つことができ、特殊な歯の彫刻ラボに送り出すために持っていた。彼らはより良いフィットし、患者の生活がはるかに容易かつ安価になり少ない研磨とフィッティングを必要とので、作られたクラウンははるかに正確です。検索
人気の図説
  • 細菌

    ミクロ生命体の様々なタイプを区別するために議定書が役に立つか人体に有害かもしれない。したがって、これらのエンティティを勉強微生物学者は、メイクや特性に応じてそれぞれを分類します。最も一般的な微細な生命体の一つは、細菌である。形状、機能、フォ

  • ケラチン

    ケラチンのために食べるように食品はいくつかの生体組織のビルディングブロックとして繊維状タンパク質分子の一種である。それは髪や動物で角、ひづめ、ウールのような人間や組織における爪の主成分である。特定のタンパク質が豊富な食品を食べることは髪と爪

  • アメリカ人のための健康的な

    食生活指針を食べるためのガイドラインは、健康を維持するための毎日の食物摂取に対する科学的に策定アドバイスを提供します。食品ピラミッドは毎日食べられるべきである食品群のそれぞれのサービング数の点で、これらのガイドラインを示しています。全粒パン

  • 有毒ファーム化学物質は

    農場で見られる最も一般的な有害な化学物質は殺虫剤、除草剤や化学肥料に含まれています。肥料は、作物の収量を高めるために設計されていながら、農場では、昆虫を殺すスプレーや作物や家畜を保護するために除草剤を採用しています。化学物質の相対的な危険性

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved