日本の健康[ja.020fl.com]
ホーム 健康 食品 母と子 スタイル
 日本の健康 > Japan >  > 健康 > 脂肪とIBS

脂肪とIBS

     編集:健康

過敏性腸症候群のための食事療法は大腸を刺激する食品のすべてを避け伴い、けいれん性結腸を起こす可能性を秘めている。食物が胃に行くとき胃疝痛の反射が起こる。コロンを癒しと調節に役立つ食品は防ぎ、避けるそれらの痛みを伴う痙攣と痙攣を引き起こす食品、ガス、吐き気、膨満感とを、大腸の治癒を支援するために、あなたの毎日の食事の一部である必要があります。ボディは、それが非常に困難脂肪と動物製品の特定の種類を消化と認める。これら二つの食品トリガーIBS大腸炎の種類とまた便秘と下痢の両方のための主要な原因である。これらのすべての食品はどちらかを完全に回避したり、食事から最大限可能な範囲に制限する必要があります。あなたの食事療法は、コントロール下に症状をもたらすために、完全なオーバーホールを必要とするかもしれないが、彼らはあなたの健康と幸福のためのすべての肯定的な変化である。脂肪は消化管中に存在する大きい刺激剤である。我々は消費する食べ物が胃に到達すると、胃結腸反射が起こり、コロンは自動的に契約が開始されます。たまにIBSの攻撃は、食品の間違った種類が消費し、脂肪が消費され、特に、より強力な方法で行われた直後に行われます。脂肪の正常な消費だけ便通をもたらすでしょうけれども、これはIBSの大腸炎や下痢を持っている人のための深刻な問題を引き起こす可能性があります。 IBSを持つ人々が通常の胃結腸反射を持っていないとコロンが暴力的な方法で対応できるためです。便秘の慢性的な問題を抱えている人々はそのようなけいれん、コロンは非常に深刻な反応になることがわかります、大腸からの痙攣は、いくつかの断絶の痛みを引き起こす可能性がありますし、運動性を閉じていると糞が移動することはできませんので、これはまた、便秘を悪化させるでしょう。筋肉は救済を提供するために、リラックスする必要がありますが、IBSと、それはそのような反応後に復元されるように、通常の運動のためにいくつかの時間がかかります。脂肪の消化の結果として起こる筋肉のけいれんは、水を吸収するのに十分な時間が存在しないような迅速な腸の収縮になりますので、脂肪を多く含む食品はIBSの下痢の状態を悪化させることができます。痙攣、下痢にも多くの痛みの原因となります。高脂肪食品は両方の下痢を引き起こすだけでなく、IBS大腸炎を持っている、これは胃結腸反射の遅延が原因である人々のための便秘することができます。あなたは、全体の食事は脂肪ファーストフードから成っていた場合、あなたの体はスルーに行くだろうか想像することができます。それは完全に高脂肪の食品やIBS大腸炎を持つ人々は制限しようと/または彼らの食事パターンでこれらを避ける必要があり避けることは非常に困難である。あなたの体はあなたが少しの部分を消費し、システムを動かし続けるために水をたくさん飲むことによって自分自身を助けることができる反応を持つことを理解する上で。これらの食生活の変化は、健康的な生活と痛みのない生活を生きているのお手伝いをします。検索
人気の図説
  • バルトリン腺嚢胞は、膣口の両側の周囲に位置する腺に蓄積する流体によって引き起こされる小さな塊である

    を感染していないバルトリン腺嚢胞を治療する方法。バルトリン腺嚢胞から経験症状の重症度は、必要とされる治療の種類を決定します。バルトリン腺嚢胞の多くの時間は何の症状を提示し、医師を訪問することなく、独自に離れて行くことはありません。バルトリン

  • 健康と塩味もあるスナックを見つける健康塩味スナック

    は困難になる可能性があります。多くの塩辛い食べ物は、その高いカロリー値と塩分に起因するいくつかの適しスナックオプションをすることができない。幸いなことに、あなたはカロリーやナトリウムに梱包せずにあなたの香ばしい歯を満たすのに役立ちますその中

  • あなたは、毎日どのように多くの食事を食べるべきか?

    食べる頻度は、アメリカの関心事であると思われる。英国の食品基準ガイド、カナダ保健省も、健康的な食事の言及を食べる頻度のオーストラリアガイドも。彼らは1つが最適な栄養のために食べるべきか、どのくらいではなく焦点を当てています。 1日3バランス

  • 薄い基底膜病

    薄い基底膜疾患の徴候と症状は人間の腎臓に影響を及ぼす疾患である。これは、薄い基底膜腎症、細い糸球体基底膜病や良性家族性血尿を含むいくつかの他の名前で行く。薄い基底膜病は一般人口のわずか1%に影響を与えることは比較的まれである。それは強い遺伝

Copyright © 日本の健康 All Rights Reserved